★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 事業創造大学院大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
07趙牧耘・高中公男.pdf1064KbAdobe PDF
Title :中国人学生に対する日本語教育の問題点
Authors :趙  牧耘;高中 公男
Publisher :事業創造大学院大学
Issue Date :Apr-2019
Journal Title :事業創造大学院大学紀要
Volume :10
Issue :1
Start Page :101
End Page :111
ISSN :2185-4769
Abstract :1972年の以降の第一次日本語ブームで中国における日本語学習者は急増した。 その後、日本語学習者数は、爬行しながらも1990年代以降は、増加を続けている。 こうした変化は、日中関係の変化を背景として、疎と密を繰り返してきた。一方、 日本語教育については、1990年に「教学大綱(教育指導要領)」が制定され、 1990年代には、初等、中等、高等の各教育段階における日本語教育のシラバス 整備が行われ、質的改革が進められた。質的改革を受け、中国では日本語教育用 テキストが多数出版された。その結果、中国では、日本語テキストとして、『標 準日本語』、『みんなの日本語』、『说日语』、『日 语100小时速成』など複数の定番 的なテキストが存在する。また、業務による長期滞在、留学などのほか、日本語 試験対策用テキスト、日本への短期旅行者向けに作られたテキストも存在してい る。こうしたテキストは、その用途ももちろんだが、必要性の低い単語が存在し たり、基本となるはずの五十音が省略されたり、日本語が中国語や拼音で表現さ れているだけのテキストまで存在している。その他、本文で事例として紹介され ている事柄も、日本や中国について紹介する内容が多いものの、来日後生活に役 に立つものは少ない。そこで、実際の日本語教育を受けた中国人学生にアンケー ト調査を実施して、中国人学生に対する日本語教育の問題点について検討する。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/77924
Appears in Collections:01 事業創造大学院大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/77924

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.