★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata Sangyo University >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
53 55-83.pdf2968KbAdobe PDF
Title :「方丈記」に見る対災異観 : 自然災害の発生と無常観の形成
Title alternative :The Accident Look seen in Houjyouki(方丈記) : The Occurrence of a Natural Disasters and the Formation of Sense of Despair
Authors :小林, 健彦
Publisher :新潟産業大学経済学部
Issue Date :Jun-2019
Journal Title :新潟産業大学経済学部紀要
Volume :53
Start Page :55
End Page :83
ISSN :1341-1551
Abstract :日本人〔本稿では、国、民族の別や、非渡来人であることを表わさず、単に或る一定の期間以上、日本に居住している(していた)人、と言う定義で「日本人」の呼称を使用する〕の心底には、「無常観」や「厭世観」と言う語で表現される、社会的にも共有化された心情がある。ただ、これにぴたっと該当する英語表現法は管見の限り見当たらず、悲観主義、悲観論を表わす「pessimism」や、消えて行く感覚を表わす「a sense of evanescence」等と翻訳されたりもする。つまり、英語言語文化圏に於いては、日本人が思い描き、共有している様な、抽象的で曖昧な形で存在をしている「無常観」、「厭世観」を想定した、社会で共有化されていた概念が 希薄であった可能性もあろう。それは、地域特性〔特に自然災害(疾病、伝染病を含む)の種類や多少、気候風土、習俗、思想、治安、政治的状況の安定度等〕に依る差異であったものと考えられる。 「無常観」や「厭世観」には、確かに悲観する、はかなむ(果無む・儚む)という面が存在していない訳では無いが、それは主たる感覚では無く、若し有ったとしても、一時的で副次的な感性であるものと推測をする。これらの語の核心的な感覚とは、世捨て人になりたいと思うことでも、自暴自棄になることでも、自殺をしたいと思うことでも無い。それは恐らくは、次の新しい段階に向けての速やかなステップの構築であり、その為には周囲の状況を慎重に観察、分析し、或る場合には静観して遣り過すこともあったであろう。要は生き抜く為に無駄な努力 はしないこと、その為には犠牲を払うことも厭(いと)わないこと、である。それは、一見すると合理主義的で冷酷な様にも見えるが、決してそうでもない。その答えは、「生き抜くこと」、「与えられた寿命を全うすること」なのである。その為には、保身術も必須なスキルであり、知恵や知識、技術、学習行為、そして、協同行為、他者への思い遣りの心も要求されたことであろう。本稿では、鎌倉時代初期と言う時代の過渡期(少なく共、王権側にとってはそうであろう)に、鴨長明が執筆した随筆である「方丈記」を参照しながら、そうした日本人に依る「無常観」や「厭世観」の形成理由やその様相を求めようとするものである。「方丈記」が随筆であるのか、断片的な私日記であるのか、単なる備忘録であったのかに就いては判断が困難ではあるが、彼 に依る、客観的事実を根拠とした形での、一定の所感や教訓が述べられていることは事実である。ここでは、彼の眼を通した形での世界観を垣間見ることとしたい。
Keywords :方丈記
対災異観
無常観
多様性
自然災害
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/77868
Appears in Collections:01 新潟産業大学経済学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/77868

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.