★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata Sangyo University >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
53 1-6.pdf937KbAdobe PDF
Title :再帰的効用と貨幣経済モデル : トービン効果の再考
Title alternative :Tobin Effect in a Monetary Models with Recursive Utility
Authors :宇都宮, 仁
Publisher :新潟産業大学経済学部
Issue Date :Jun-2019
Journal Title :新潟産業大学経済学部紀要
Volume :53
Start Page :1
End Page :6
ISSN :1341-1551
Abstract :本稿は再帰的効用を用いた貨幣効用関数モデルで,トービン効果と呼ばれるインフレが経済成長に正の効果を与える現象を再考することが目的である。再帰的効用を用いた多くの先行研究では,定常状態の安定性のために時間選好率が増加関数であることを仮定している。しかし,実証研究の結果から時間選好率は富や資産に対し減少関数となることが示されている。本稿では安定性の条件を精査することによって時間選好率が減少関数であっても,定常状態が安定的でトービン効果が成り立つことを導く。
Keywords :再帰的効用
貨幣効用関数モデル
トービン効果
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/77864
Appears in Collections:01 新潟産業大学経済学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/77864

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.