★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata Sangyo University >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
52-23-71.pdf1927KbAdobe PDF
Title :高句麗本紀に見る災害対処の言語文化 : 太祖大王期以降を中心として
Title alternative :Languages and Cultures of the Accident Handle seen in koukurihonki : Focusing on Taisodaiou Period after a While
Authors :小林, 健彦
Publisher :新潟産業大学経済学部
Issue Date :Jan-2019
Volume :52
Start Page :23
End Page :71
ISSN :1341-1551
Abstract :倭国へ漢字を公伝させたとする、隣地、韓半島・朝鮮半島に於いても、残存する信憑性の高いものは少ないものの、古来、種々の記録類が作成されていたものと推測される。その中に於いても、様々な災害記録が残されている。そうした自然災害に対する認識は、災害情報の記録にも反映され、更には、日本へも影響を与えていたのであろうか。本稿では、そうした観点より、韓半島に於ける対災害観や、災害対処の様相を文化論として窺おうとしたものである。東アジアに所在していた古代王権は、或る種の意図を以って、そうした自然災害を文字情報としての記録に残すことを行なって来た。ここで言う処の「或る種の意図」とは、それらの自然的な事象の発生を、或る場合には自らの都合の良い様に解釈をし、加工し、政治的に利用、喧伝することであった。その目的は、災害対処能力を持ちうる唯一の王権として、自らの「支配の正当性」を合理的に主張することであったものと考えられる。それを具現化して見せたものが正史であった。ここでは、正史ならではのそうした特質をも踏まえながら、当該課題の追究に当たったものである。
Keywords :自然災害
高句麗国
中国王権
倭国
災異
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/77405
Appears in Collections:01 新潟産業大学経済学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/77405

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.