★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 事業創造大学院大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
第9巻第1号-⑧研究ノート‐榎様高中様.pdf1416KbAdobe PDF
Title :動機付け教育における新しい取り組みと今後の展開
Authors :榎  祐香
高中 公男
Publisher :事業創造大学院大学
Issue Date :Apr-2018
Journal Title :事業創造大学院大学紀要
Volume :第9巻
Issue :第1号
Start Page :101
End Page :116
ISSN :2185-4769
Abstract :ハーズバーグに代表される動機付け(モチベーション)に関する研究1は、人 間行動の背景に作用する要因の解明を目的に長い歴史を持つ。その一方で、企業 経営、教育の現場では、これをツールとして活用する試みも続けられて来ている。 NSGグループには、夢や目標を実現するために必要な「考え方」と「実践的な 行動」を研究しプログラム化して普及させる研究機関があり、学校法人内の大学、 専門学校に学ぶ学生を対象として、動機付け教育プログラムを実施している。し かしながら、動機付けプログラムは、これまでにもさまざまな分野で、さまざま な取り組みがなされてきている。現在のNSGグループが実施しているプログラ ムを事例として取り上げ、受講生の事後アンケートの結果分析を通じて、プログ ラムの特徴を明らかにする。また、リクルート・グループ、ベネッセ・グループ などが対外的に展開している動機付けプログラムについても検討を行い、動機付 け教育の将来的な可能性、併せて動機付け教育が、今注目を浴びている理由、必 要な理由を掘り下げる。これは、現在のNSGグループ内での動機付け教育プロ グラムを今以上に発展させ展開できるようにするための要因を明らかにすること を目的としている。
Type Local :Others
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/76988
Appears in Collections:01 事業創造大学院大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/76988

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.