★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
International University of Japan >
20 Departmental Bulletin Paper >
03 Working papers, the language programs >

 

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title :日本語学習者は実際に能力が上がっているのか : Can-do-statementsによる調査
Authors :木村 静子
Issue Date :2012
Description :国際大学日本語プログラムでは主として中級、上級コースの学生を対象に2010年よりCan-do-statements調査を行なっている。本稿では2010年からの過去2 年間の上級の学生の調査結果を分析し、学生の日本語能力の伸びを見た。その結果、上級3のコースは上級1のコースと比べて日本語能力に伸びが見られない、または逆転していて能力が下がっていること、一方上級6コスは上級3より日本語能力が確かに上がっているという結果になった。
Keywords :Cad-do-statements
4技能
t検定
URI :http://hdl.handle.net/10623/76655
Appears in Collections:03 Working papers, the language programs

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/76655

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.