★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
International University of Japan >
20 Departmental Bulletin Paper >
03 Working papers, the language programs >

 

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title :「話しあう・語りあう・言いあう」についての一考察
Authors :木村 静子
Issue Date :1-Jan-2010
Description :2010http://hdl.handle.net/10623/31442動詞に「あう」をつけることにより、相互に働きかけのない動詞が、相互に働きかけのある動詞になり、相互動詞と呼ばれる。本稿では相互動詞のうちの「話しあう、語りあう、言いあう」について扱い、相互関係がある用法とない用法があることがわかった。相互関係がある場合には、動作が行なわれる様態、頻度、時間の長さなどについて特徴が見られた。さらに、相互関係がある場合には「~と一緒に」は「~あう」という動詞と共起できないと言われているが、必ずしもそうでないこともわかった。最後に、相互構文において、動作の主体を主語と補語に分けた場合に、常に補語の位置にしか現れることができない相互構文の存在が明らかになった。
Keywords :相互構文
相互関係
第三者に対する働きかけ
URI :http://hdl.handle.net/10623/76651
Appears in Collections:03 Working papers, the language programs

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/76651

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.