★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata Seiryo University / Niigata Seiryo University Junior College >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文(新潟青陵) = Postprint >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
nsu2018016.pdf2844KbAdobe PDF
Title :思春期女性のボディ・イメージと体型に関する縦断的研究
Authors :栗岩, 瑞生
鈴木, 里美
村松, 愛子
渡辺, タミ子
大山, 建司
Publisher :日本小児保健協会
Issue Date :2000
Journal Title :小児保健研究
Volume :59
Issue :5
Start Page :596
End Page :601
ISSN :0037-4113
Abstract :思春期の自己のボディ・イメージ(身体像)とローレル指数について縦断的調査を行い両者の関連を検討した。 対象は医科大学に在学中の女子看護学生108名で、二次性徴の出現時期や、小学校低学年・高学年・ 中学生・高校生の時に自分の体型をいかに感じていたかを記憶に基づきアンケート調査した。更に6~ 18歳まで1年毎の学校での身体計測値からローレル指数を算出し、ボディ・イメージや二次性徴との関 連を検討した。 対象の各年齢群別ローレル指数は自己のボディ・イメージと有意の相関を示したが、普通と認識するローレル指数と全国平均ローレル指数の差は加齢と共に拡大し、16~18で最大となった。初経発来年齢 別のボディイメージの比較でも、早発群は体型を「やや大っている」と認識し、普通群、遅発群は初経前後から自己のホディ・イメージが太っている方へと変動する傾向を認めた。性成熟と共により痩せた体型を普通の体型と捉える傾向が明らかになった。思春期女性の体脂肪量の増加は生理的な変化であり、思春期前から二次性徴の出現と体脂肪の増加、体型変化について正しい教育を行っていくことが重要である。
Keywords :ボディ・イメージ
思春期
初経
ローレル指数
痩せ
Type Local :Journal Article
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/76224
Appears in Collections:10 査読済論文(新潟青陵) = Postprint

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/76224

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.