★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県立大学 >
30 研究報告等 = Research Paper etc. >
30 新潟県立大学ディスカッションペーパー・シリーズ = UNP-RC Discussion Paper Series >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
UNP-RC_DP_18-E-02.pdf348KbAdobe PDF
タイトル :How Do Exporters Respond to Exogenous Shocks: Evidence from Japanese Firm-Level Data
著者 :Tanaka, Ayumu
Ito, Banri
Wakasugi, Ryuhei
公開者・出版者 :国際産業経済研究センター
刊行年月 :2018-2-6
掲載誌名 :UNP-RC Discussion Paper Series
巻 :18-E-02
抄録 :This study investigates how exporters respond to an exogenous shock, using the 2012 customer boycott of Japanese products in China that occurred after political conflict over the islands in the East China Sea. By using Japanese firm-level data for 2011-2013 and employing the difference-in-differences method, we conduct an assessment of the boycott. We find that Japanese firms faced a large decrease in exports to China after the 2012 boycott and that the decrease in exports was more pronounced for arm's length exports than intra-firm exports. In addition, the estimation results provide evidence that Japanese firms exporting to China responded to the exogenous trade shock by reducing their number of temporary workers. This finding suggests that trade shocks due to international conflict hit the most insecure workers.
キーワード :exports
temporary workers
boycott
difference-in-differences estimation
資料種別 :Technical Report
言語 :eng
URI :http://hdl.handle.net/10623/75145
出現コレクション:30 新潟県立大学ディスカッションペーパー・シリーズ = UNP-RC Discussion Paper Series

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/75145

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。