★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟医療福祉大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟医療福祉学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
060_066_w1702.pdf811KbAdobe PDF
タイトル :野球の打撃における「引き付けて打て」という指導言語の有効性
別言語のタイトル :Effectiveness of language of instruction as “Late swing” in the baseball batting
著者 :鵜瀬, 亮一
大室, 康平
公開者・出版者 :新潟医療福祉学会
刊行年月 :2018-3
掲載誌名 :新潟医療福祉学会誌
巻 :17
号 :2
開始ページ :60
終了ページ :66
ISSN :1346-8774
抄録 :本研究は野球の打撃に関する「引き付けて打て」という指導言語が、打撃パフォーマンスに与える影響およびその指導言語が有効な選手の特徴を検討することを目的とした。さらに、どのような指導言語に分類されるのかについても検討した。高校野球部員10名を対象にし、「普段通り」の打撃と「引き付けて打つ」打撃動作を比較した。その結果、指導後もインパクト位置が変わらなかった5名(以後、非変化群)と有意に短く変化した5名(以後、変化群)に分かれた。指導により非変化群はバットスピードを維持したまま、ミートの正確性が向上したことから、この指導言語は非変化群にのみ有効であることが示唆された。その非変化群の打撃フォームには toe off 局面から toe on 局面にかけて、肩角度を維持したまま、腰を正の方向に回転させるという特徴があった( 肩角度 : -29.1±5.0deg → -30.3±2.9deg、腰角度 : -15.1±12.3deg → -5.6±6.1deg )。また、この指導言語の一般的な解釈は、インパクト位置をより短くすることだと考える。しかし、本研究ではインパクト位置を短くした選手の打撃パフォーマンス低下し、変化させなかった選手の打撃パフォーマンスが向上した。したがって、この指導言語は「競技者の主観に取り込みやすい表現を用いて、競技者の主観に変化が生じるような言葉にしたもの」に分類されるべきだと考える。
The purpose of this study was to examine the influence of the language of instruction when saying “Late swing” on swing performance and the player characteristics for which the language of instruction was effective. We also examined how language of instruction is classified. The subjects included 10 high-school baseball players for whom we compared normal and late swings. The results indicated no change in impact position even after instruction in five players (no change group) and a significantly shortened swing in five players (change group). As the no change group improved accuracy of contact while maintaining bat speed according to the instruction, this suggested that the instruction language was only effective for the no change group. The characteristic of the swing form in the no change group was a shoulder angle that was maintained from the toe-off position to the toe-on position while rotating the hips in the correct direction (shoulder angle : −29.1°±5.0°→−30.3°±2.9°, hip angle : −15.1°±12.3°→−5.6°±6.1°). In addition, the general interpretation of this language of instruction is thought to be to shorten the impact position of the swing. However, in this study, the impact performance of the players who shortened the impact position decreased and impact performance improved in the players who did not change the impact position. Therefore, in this language of instruction, the use of an expression that is prone to subjective interpretation by athletes and results in changes to the athletes’ subjectivity should be considered.
キーワード :動作分析
コーチング
指導言語の分類
movement analysis
coaching
language of instruction classification
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/75023
出現コレクション:01 新潟医療福祉学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/75023

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。