★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟医療福祉大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟医療福祉学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
056_059_w1702.pdf760KbAdobe PDF
タイトル :看護女子大学4年生の子宮頸がん予防に関する実態調査
別言語のタイトル :Study on cervical cancer prevention among fourth-year female nursing university students
著者 :杉本, 海晴
監物, 万里香
金子, 佳世
塚本, 康子
公開者・出版者 :新潟医療福祉学会
刊行年月 :2018-3
掲載誌名 :新潟医療福祉学会誌
巻 :17
号 :2
開始ページ :56
終了ページ :59
ISSN :1346-8774
抄録 :本研究は、看護女子大学生4 年生に焦点を当て、1)「子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種」「子宮頸がん検診受診」の状況を明らかにし、2)「HPVワクチン接種決定者(自分/母親)」「HPVワクチン接種の有無」「子宮頸がん検診受診の有無」で、子宮頸がんに関する基礎知識の平均得点を比較し、検討することを目的とした。71名に質問紙を配布し69名から回答を得た。結果、HPVワクチンの接種率は73.9%、子宮頸がん検診受診率は17.4%であった。HPVワクチン接種年齢は15歳1名(2.0%)、16歳11名(21.6%)、17歳15名(29.4%)、18歳12名(23.5%)、19歳2名(3.9%)、20歳7名(13.7%)、不明3名(5.9%)であり、公的助成の対象でない年齢時や大学に入学してから接種をした学生もいることが明らかとなった。HPVワクチン接種済みの学生51名のうち、ワクチン接種を「母親」が決定した者は27名(52.9%)、「自分」で決定した者は23名(45.1%)、「不明」1名(2.0%)であった。ワクチン接種決定者が「自分」である場合、関連基礎知識の平均得点は3.39点と、「母親」がワクチン接種を決めた場合の平均得点2.48点に比べ、有意に高かった(p<0.05)。「自分」でワクチン接種を決定した場合は、「母親」による決定に比べ、基礎知識の保持状況が良好であったことは、本研究により得られた新たな知見である。子宮頸がんを自らの問題として捉え、必要な知識を所持し、自ら正しい予防行動を取れるよう、青年期からの啓発教育の必要性が確認された。
This study aimed to i) investigate the rates of human papilloma virus (HPV) vaccination and cervical cancer screening among fourth-year female nursing university students; ii) compare the level of knowledge about cervical cancer between different groups, such as students who decided by them-selves to receive the HPV vaccine and students who respected their parents’ judgement. The study included 71 participants, among whom 69 participants responded to the distributed anonymous self-administered questionnaires. The results showed that the rates of HPV vaccination and cervical cancer screening were 73.9% and 17.4% respectively. The age at vaccination were 15 years old( 2.0%), 16 years old( 2.0%), 17 years old( 29.4%), 18 years old (23.5%), 19 years old (3.9%), 20 years old (13.7%) and unknown (5.9%). This means that some students received the vaccine at an age at which it is not subsidized. Overall, 52.9% of students decided to receive the HPV vaccine by them-selves, while 45.1% of students respected their parents’ judgement. As a new finding, we observed that students who decided by them-selves to receive the vaccine had a significantly higher level of knowledge about cervical cancer (average : 3.39 per 7.00) than students who respected their parents’ judgement( average : 2.48 per 7.00)( p<0.05). We recommend that adolescents receive health education that promotes basic knowledge on cervical cancer and personal responsibility for preventive behavior.
キーワード :看護学生
子宮頸がん
子宮頸がん予防ワクチン
子宮頸がん検診
female nursing students
cervical cancer
HPV vaccination
cervical cancer screening
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/75022
出現コレクション:01 新潟医療福祉学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/75022

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。