★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県立大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 人間生活学研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
nsk_9_57_67.pdf2093KbAdobe PDF
タイトル :DBA/1J マウスにおけるI 型コラーゲン構成アミノ酸によるコラーゲン誘導性関節炎の誘発促進
別言語のタイトル :Administration of constituent amino acids of type I collagen stimulates collagen-induced arthritis in DBA/1J mice.
著者 :神山, 伸
中嶋, 祐里
野口, 悠希
白井, 麻由
永田, 穂乃花
曽根, 英行
公開者・出版者 :新潟人間生活学会
刊行年月 :2018-3
掲載誌名 :人間生活学研究
巻 :9
開始ページ :57
終了ページ :67
ISSN :1884-8591
抄録 :関節リウマチを含む関節炎の症状改善を目的にコラーゲンペプチドが用いられているが、その有効性については未だ明確にされていない。消化されたコラーゲンペプチドの一部はペプチド態のまま血中に移行することから、本研究では、コラーゲン誘導性関節炎モデルであるDBA/1J マウスにニワトリI 型コラーゲン由来のコラーゲンペプチドあるいはそれと同組成のアミノ酸を摂取させて比較検討することにより、ペプチド態としてのコラーゲンペプチドの有効性を検討した。1日あたり100 mg のI 型コラーゲンペプチドあるいはそれと同じ組成のアミノ酸を経口投与することにより、関節での炎症がより強く生じた。関節炎スコア評価ではコラーゲンペプチドの関節炎軽減作用はみられず、関節軟骨におけるマトリックスメタロプロテアーゼ3(MMP3)遺伝子発現量の比較でもコラーゲンペプチド投与による有意な変化はみられなかった。一方、アミノ酸投与群では比較的早期から関節炎を発症した上に、マトリックス分解酵素であるMMP13 の発現量が有意に増加しており、コラーゲンペプチドと同組成のアミノ酸の投与により重症化する可能性が示唆された。I 型コラーゲンペプチド配合の健康食品は多く販売されているが、場合によってはその摂取が逆効果となる可能性があり、注意が必要であるものと考えられる。
Supplementation of gelatin or collagen peptides has been used to reduce the symptoms of inflammatory arthritis including rheumatoid arthritis, but the efficacy remains uncertain. It is known that ingested collagen peptides are absorbed partly in the form of bioactive peptides. In the present study, we investigated whether the effects of collagen peptide on inflammatory arthritis are due to its bioactive peptide in comparison with its constituent amino acids using DBA/1J mice. Unexpectedly, administration of daily 100 mg of collagen peptide derived from chicken type I collagen (i.e., collagen peptide group) or its constituent amino acids (i.e., amino acid group) rather stimulated collagen-induced arthritis in the DBA/1J mice. No significant difference was observed between amino acid and collagen peptide groups regarding either arthritis score or gene expression of matrix metalloprotease 3 (MMP3), a marker of synovial inflammation. Further, mice in the amino acid group developed arthritis relatively early stage and showed significantly higher expression of MMP13 as compared to those in other group mice, indicating administration of collagen-constituent amino acids possibly promoted the onset of arthritis inflammation in the DBA/1J mice. Many supplements contain gelatin or collagen peptide derived from type I collagen. These results raise a possibility that type I collagen peptide or its constituent amino acid may worsen inflammatory arthritis under some conditions.
キーワード :コラーゲンペプチド
I型コラーゲン
生理活性ペプチド
関節リウマチ
炎症
Collagen peptide
type I collagen
bioactive peptide
rheumatoid arthritis
inflammation
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/74985
出現コレクション:01 人間生活学研究

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/74985

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。