★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県立大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 人間生活学研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
nsk_9_49_56.pdf1387KbAdobe PDF
タイトル :日本の児童の健全育成政策の成立展開
別言語のタイトル :Development of child healthy upbringing policies of Japan
著者 :植木, 信一
公開者・出版者 :新潟人間生活学会
刊行年月 :2018-3
掲載誌名 :人間生活学研究
巻 :9
開始ページ :49
終了ページ :56
ISSN :1884-8591
抄録 :児童福祉法制定時につくられた児童の健全育成の理念は、すべての児童を対象とする児童福祉法の理念を具体化するものとして使用されている。しかし、日本の児童の健全育成政策は、児童福祉法に規定されながらも、一方で体系的に整備されてこなかった可能性がある。したがって、本論文では、日本の児童の健全育成政策の全体像を整理するために、関係する健全育成政策および、主たる健全育成政策の担当省庁の基本的な考え方についてまとめ、日本の児童の健全育成政策の成立展開を明らかにすることを目的とする。その結果、関係する健全育成政策の全体像を整理すると、日本の健全育成の捉え方は、原則的には児童福祉法に規定されながらも、体系的に進められてきたものではなかったために、厚生労働行政における児童の健全育成とはその内容や理念が異なることが明らかになった。
The philosophy of sound development of children created at the time of enactment of the Child Welfare Law is used as materializing the philosophy of the Child Welfare Act for all children. However, while health regulation policies of children in Japan are stipulated in the Child Welfare Law, there is a possibility that they have not been systematically developed. Therefore, in this paper, we summarize the classification of related sound development policies and the basic ideas and policies of the ministries responsible for the main sound development policy, in order to arrange the overall picture of the establishment and development of health promotion policy in Japan, It is aimed to classify health promotion policies of children in Japan. As a result, when classifying related health development policies, since the way to capture soundness of Japan is basically prescribed in the Child Welfare Law, it has not been systematically advanced, so the welfare labor administration It is revealed that its content and idea are different from the health development of children.
キーワード :児童福祉法
健全育成政策
厚生労働行政
Child welfare Act
Child healthy upbringing policies
Health, Labor and Welfare administration
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/74984
出現コレクション:01 人間生活学研究

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/74984

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。