★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_1101_4.pdf443KbAdobe PDF
タイトル :災害時保健活動に関する平常時からの体制整備の現状 : 被災経験のある一県内の市町村保健師代表者に対する調査から
別言語のタイトル :The current state of organizational improvements concerning disaster-health operations in times of non-crisis : From a survey of public health nurse representatives from prefectural municipalities that have experienced disasters
著者 :坪川, トモ子
奥田, 博子
渡邉, 路子
田辺, 生子
伊豆, 麻子
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2018-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :11
号 :1
開始ページ :35
終了ページ :45
ISSN :1883-759X
抄録 :A survey of public health nurses representing municipal health and hygiene departments was conducted. The purpose of the survey was to clearly define the current state of preparedness regarding disaster-related health operations in municipalities and possible related factors. 3 survey items covering organization preparedness were disaster-related health operation manuals, disaster response training, and workshops on disaster-related health operations. 5 survey items covering possible related factors were population size, actual experience of disasters, whether or not victims from neighboring prefectures were received, whether or not disaster-related training was implemented by the public health centers concerned, and whether or not supervising health nurses were deployed. As a result, 90% of municipalities had prepared manuals, and 50% had created their own original manuals. Regarding disaster response training, the crisis management department of many municipalities had implemented yearly training across all departments, with 2.5% implementing public health nurse training. As for workshops, approximately 4% implemented first-response training. Regarding preparedness and possible related factors, cross-departmental disaster response training and actual experience of disasters were found to be related. In times of crisis, a need for cross-departmental cooperation and comprehensive coordination may be suggested, such as linking with the organization's crisis management department.
市町村における平常時の災害時保健活動の体制整備の状況と、体制整備に関連すると思われる要因との関連を明らかにすることを目的に、市町村保健衛生部門の保健師代表者を対象に調査した。体制整備は、災害保健活動マニュアル、災害対応訓練、災害保健活動関連研修会の3項目、関連すると思われる要因は、人口規模、被災経験の有無、被災者受入の有無、所管保健所による災害関連研修の実施、統括保健師配置の有無の5項目とした。結果、9割の市町村がマニュアルを整備し、5割で独自のマニュアルを作成していた。災害対応訓練は、危機管理部門による全庁的な訓練を毎年実施している市町村が多く、保健師活動訓練の実施は2.5割であった。研修会は、約4割で初動対応研修を実施していた。体制整備に関連すると思われる要因との関連は、全庁的な災害対応訓練の実施に被災経験の有無が関連していた。平常時からの体制整備には、危機管理部門等との連動など、部署横断的な連携や総合的な調整の必要性が示唆された。
キーワード :Disaster health operations
Normal time
System maintenance
Disaster response training
Municipality
災害時保健活動
平常時
体制整備
対応訓練
市町村
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/74807
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/74807

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。