★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_1101_1.pdf451KbAdobe PDF
タイトル :意思決定支援における常識的知識とオーサーシップ
別言語のタイトル :Common-sense knowledge and authorship within supported decision making
著者 :海老田, 大五朗
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2018-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :11
号 :1
開始ページ :1
終了ページ :12
ISSN :1883-759X
抄録 :This study discusses supported decision making in support centers for persons with disabilities and divides it into narrow and broad meanings. An analysis of the narrow meanings considers common-sense knowledge that enables supported decision making. An analysis of the broad meanings considers authorship in decision making. The data that are analyzed are from cases in which supported decision making was a problem that was reported by staff working at a facility that supported people intellectually disabled. The data are categorized for a logico-grammatical analysis, which is a method used in ethnomethodology, and the findings obtained from the analysis are discussed. In regards to narrow meanings of supported decision making, common-sense knowledge is suggested as the knowledge that there is a possibility one may make the decision making of an intellectually disabled person less visible. In regards to broad meanings of supported decision making, if it is not necessary to restrict decision-making authorship to a single person, the authors indicate that mainly clients and supporting persons make decisions.
本研究では、障害者支援施設における意思決定支援職を狭義の意思決定支援と広義の意思決定支援に区別し、前者はとりわけ意思決定支援を可能にする常識的知識について、後者は意思決定におけるオーサーシップの問題について、それぞれ検討した。分析対象となったデータは、障害者支援施設で働く職員によって報告された「意思決定支援が問題となるケース」である。これらのデータをエスノメソドロジーの分析手法の1つである論理文法分析によって分析し、分析によって得られた知見について考察した。狭義の意思決定支援においてはある種の常識的知識が知的障害者の意思決定を見えにくくする可能性について示唆した。広義の意思決定支援においては、意思決定のオーサーを単一の人物に絞る必要がないならば、オーサーは主にクライエントと支援者の2人であることを示した。
キーワード :Supported Making Decision
Client Self-Determination
common-sense knowledge
Authorship
Ethnomethodology
意思決定支援
自己決定支援
常識的知識
オーサーシップ
エスノメソドロジー
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/74804
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/74804

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。