★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県立大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 人間生活学研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
nsk_8_63_72.pdf795KbAdobe PDF
タイトル :少子地域における子育てと地域子育て支援サービス利用の現状 : 0~2 歳児の保護者を対象としたアンケート調査結果から
別言語のタイトル :The current state of child-rearing and the use of regional child care support services in the declining birthrate region
著者 :小池, 由佳
角張, 慶子
齋藤, 裕
刊行年月 :2017-3
掲載誌名 :人間生活学研究
巻 :8
開始ページ :63
終了ページ :72
ISSN :1884-8591
抄録 :本研究では、少子地域であることが地域子育て支援サービスの利用を妨げる一要因として存在するという仮説を立て、立証に向けた少子地域における子育て及び地域子育て支援サービス利用の現状を明らかにすることを目的としている。方法として、サービス利用対象となる子育て中の保護者に対する質問紙調査を行った。結果、本調査の回答者は母親もしくは父親の出身地で子育てしている割合が高く、少子地域のひとつの特性が明らかとなった。地域子育て支援サービスは必要に応じて利用されているが、利用後、「今後利用しない」とした理由のなかには、少子地域であることが含まれる回答があること、「利用していない」理由の多くは「必要がない」ためであるが「利用したいができない」も一定割合いることがわかった。一方、子育ての現状をみると、育児における不安感および制約感の高い人が一定割合いること、肯定感情をもって子育てしている人が多いものの、肯定感を抱けないまま子育てをしている人がいることも明らかになった。さらに、身近な理解者として配偶者や子育て仲間によるサポートが少ない人の存在も確認でき、公的な支援サービスの重要性がうかがえる結果となった。
This research posed the hypothesis that the status of communities with few children is itself a factor inhibiting the use of local services for the support of child-rearing. The research seeks to validate the hypothesis by elucidating the current state of usage of child-rearing support services in regions with low child populations. This was carried out through a questionnaire presented to parents and guardians, the user demographic for these services. The responses showed that there was a high proportion of respondents raising children in the respective native towns of the mother or father, suggesting one particular feature of regions with low child populations. While these services are used as-needed, reasons given for "will not use them hereafter" included that "the region has a low child population." The most frequent response for "not currently using these services" was, "I have no use for them." However, "I would like to use them, but cannot" represented a not insignificant proportion of responses. At the same time, if we consider the current conditions of child-rearing, there is a not insignificant proportion of people citing uncertainty about child-rearing and high "feelings of constraint." While there are many people engaging in child-rearing with an affirmative attitude, the findings showed that there are, nevertheless, others who are engaging in child-rearing in the absence of these positive and affirmative emotions. The findings also showed that there are people who lack a support structure in the form of people close to them who understand their circumstances or child-rearing partners like spouses or friends. These findings suggest the importance of creating public support services to support these people.
キーワード :少子地域
地域子育て支援サービス
利用につながらない
the declining birthrate region
regional child care support services
user unfriendly
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/73605
出現コレクション:01 人間生活学研究

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/73605

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。