★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟医療福祉大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟医療福祉学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
042_050_w1602.pdf1332KbAdobe PDF
タイトル :バスケットボールにおけるルール改正がゲームに及ぼす影響 : WJBL(バスケットボール女子日本リーグ機構)2014-2015 Wリーグレギュラーシーズンを対象に
別言語のタイトル :Impacts of rule revision in game of Women’s Japan Basketball League influence that rule revision exerts on game in basketball
著者 :簑川, 圭太
能登, 真一
加藤, 雅規
公開者・出版者 :新潟医療福祉学会
刊行年月 :2017-3
掲載誌名 :新潟医療福祉学会誌
巻 :16
号 :2
開始ページ :42
終了ページ :50
ISSN :1346-8774
抄録 :日本女子バスケットボールリーグ(WJBL)では2015年のルール改正を2014−2015シーズンから適用した。本研究ではWJBLの2014−2015シーズン(以下新ルールゲーム)と2013−2014シーズン(以下旧ルールゲーム)のスタッツを比較することで、そのルール改正の影響を調べた。新旧ルールゲームの比較では、フリースロー成功数(p=0.036)、フリースロー試投数(p=0.013)、ファウル数(p=0.012)がそれぞれ有意に減少し、ディフェンス ・ リバウンド数(以下DFR)(p=0.032)が有意に増加した。また、新旧ルールゲームの各勝ちチーム群の比較では、フリースロー成功確率(以下FT%)(p=0.033)、DFR(p=0.014)、ターンオーバー数(以下TON)(p=0.032)がいずれも有意に増加していた。DFR、TONが増加したのは、新ルールに各チームが対応しておらず、苦しいシュートの選択、またはミスプレイにつながった可能性が示唆された。今回のルール改正ではゲームのスピード・アップを図り、攻撃やショットの機会をより増やすことを目的としていたが、WJBLの014−2015シーズンにおいては意図する効果は認められなかった。
The newest rule revision of basketball in Japan was done in 2015, this rule had been applied at 2014-2015 seasons in WJBL(Women’s Japan Basketball League). Then in this study, we researched the result of past games of WJBL that the rule revision in 2015 what influence the game. As a result, a significant difference was found in Free Throws Made(p=0.036) , Free Throws Attempted(p=0.013), Fouls(p=0.012), and Defense Rebounds (p=0.032) in comparing between the old and new rule games. Moreover, a significant difference was found in Free Throws Percentage(p=0.033), Defense Rebounds (p=0.014), and Turnovers (p=0.032) in comparing between winning team groups of the old and new rule game. Each team did not respond to the new rule, and it was suggested that Defense Rebounds and Turnovers had increased because players choose difficult shot or make mistakes. The purpose in the rule revision was to aim at the speedup of the game and to increase the chance of the attack and the shot more, but the effect of intending was not admitted at 2014-2015 season in WJBL.
キーワード :バスケットボール
ゲーム分析
ルール改正
basketball
game analysis
rule revision
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/72148
出現コレクション:01 新潟医療福祉学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/72148

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。