★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_1001_2.pdf771KbAdobe PDF
タイトル :養護教諭が危機を乗り越える心理社会的プロセスについての検討
別言語のタイトル :Consideration of the Psychosocial Process of Overcoming Crises by Yogo Teachers
著者 :塚原, 加寿子
中村, 恵子
岩﨑, 保之
石﨑, トモイ
大森, 悦子
佐藤, 美幸
田村, 憲子
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2017-9
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :10
号 :1
開始ページ :9
終了ページ :19
ISSN :1883-759X
抄録 :This study aimed to elucidate the psychological process of overcoming crises by yogo teachers. On eight yogo teachers of A city who have experienced crises in the past, we conducted semi-structured interviews. As a result of analyzing the content of the interviews, using the modified grounded theory approach; seven categories and eighteen perspectives were extracted. Yogo teachers would fall in crises by feeling [wobble of existence as a yogo teacher], and although they would try to make a [positive backdown] tentatively, they would retain the [uncompromising desires to accomplish their duties]. Then, by getting energy from people around them such as their children or colleagues, they would search for“ cooperators” to [find a clue to solve the problem], and would find “solutions through trial and error” and carry out “strategies of assessment and deliberation”. Eventually, yogo teachers got a“regained confidence”will proceed to [before again]. Those yogo teachers who have gone through crises were [aware of their owng rowths].
本研究は、養護教諭が危機を乗り越える心理社会的プロセスを明らかにすることを目的とした。A市内に勤務する、過去に危機を経験した養護教諭8名を対象として、半構造化面接を行った。修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて面接内容を分析した結果、7のカテゴリーと18の概念が抽出された。養護教諭は、【養護教諭としての存在の揺らぎ】を感じ、危機に陥る。そのような状況から、一時的には【前向きな撤退】を図るものの、養護教諭としての職務を遂行しようとする【養護教諭としての譲れない思い】を持ち続けている。そして、子どもや同僚など周囲の人からの【エネルギー補給】しながら、問題の【解決への一手】を図るため、〈協力者の探索〉をし、〈試行錯誤の解決策〉見つけ出し、〈見極めて練る戦略〉を実行していく。やがて、〈取り戻した自信〉を得た養護教諭は、【もう一度、前へ】進んでいく。危機を乗り越えた養護教諭は、自らの【成長の自覚】をしていた。
キーワード :Yogo Teacher
crisis
process
養護教諭
危機
プロセス
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/71725
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/71725

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。