★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟産業大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
49_33-47.pdf5979KbAdobe PDF
タイトル :日本・韓国・中国の乾漆像
別言語のタイトル :Dry-Lacquer Buddhist Statues in Japan, Korea and China
著者 :片岡, 直樹
公開者・出版者 :新潟産業大学経済学部
刊行年月 :2017-7
掲載誌名 :新潟産業大学経済学部紀要
巻 :49
開始ページ :33
終了ページ :47
ISSN :1341-1551
抄録 :日本における乾漆像には脱活乾漆像と木心乾漆像の2種類がある。このうち脱活乾漆像は中国(唐)からもたらされた技法によるもので、7世紀半ばから8世紀(白鳳時代~天平時代)にかけてつくられた。木心乾漆像は日本独自のもので、8世紀末から9世紀初頭(天平時代末期~平安時代初頭)につくられた。本稿では日本の乾漆像の主要な作例について、その成立過程と制作技法を紹介するとともに、中国・韓国の作例との比較を通して若干の私見を述べることにしたい。
キーワード :乾漆像
乾漆仏
脱活乾漆
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/71666
出現コレクション:01 新潟産業大学経済学部紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/71666

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。