★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0901_7.pdf412KbAdobe PDF
タイトル :周手術期看護学実習における手術室実習の満足度を高める要因 : 実習状況および手術室看護師・教員の指導との関連
別言語のタイトル :Factors increasing nursing students’ satisfaction with practical training in the perioperative period, with a focus on the relationship between training situations and the guidance of perioperative nurses and teachers
著者 :小島, さやか
小林, 祐子
帆苅, 真由美
小林, 理恵
清水, 理恵
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2017-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :9
号 :1
開始ページ :63
終了ページ :72
ISSN :1883-759X
抄録 :To clarify the levels of satisfaction of nursing students with perioperative practical training and the factors influencing these levels, we conducted an anonymous self-questionnaire survey of 83 nursing students who had participated in perioperative practical training. The survey included questions about training situations, levels of satisfaction with the training, and evaluation of the training and teaching system. Analysis of the impacts of the perioperative practical training on the students’ learning showed that students who had observed the surgery through to completion showed significantly greater interest in operating room nursing, and that nurses’ guidance in open surgery was evaluated significantly more highly than their guidance in endoscopic surgery. Deepening of learning by observing surgery, receiving teachers’ guidance, and receiving guidance from nurses during surgery affected the students’ levels of satisfaction with perioperative practical training.  To increase these levels of satisfaction, continuing surgical nursing education by teachers and nurses is needed. Before surgery, we need to improve students’ preparation for training by prior learning; during surgery, we need to tell students the progress of the ongoing surgery and the roles of nurses as needed. In addition, practical experience in nursing skills enables students to deepen their understanding of surgical nursing. These factors will increase the satisfaction levels of nursing students.
看護学生の手術室実習における実習満足度とその影響要因を明らかにすることを目的とし、手術室実習 を行った看護学生83名に無記名自記式質問紙調査を行った。調査内容は実習状況、実習満足度のほか、 実習および指導体制への評価とした。手術室実習が看護学生の学びに与える影響を分析した結果、実習 状況別では手術終了まで見学した学生は興味が有意に高く、切開手術群は鏡視下手術群に比して手術室 看護師の指導への評価が有意に高かった。手術室実習満足度には手術見学による学びの深まり、教員の 指導、手術中の看護師の指導が影響していることが明らかになった。  手術室実習の満足度を高めるためには、教員と看護師による継続的な手術看護教育が求められる。術 前は事前学習により実習準備状態を高める工夫を行い、術中は手術の進行状況や看護師の役割を随時伝 えることや看護実践の経験により手術看護の理解を深めることが満足度の向上につながる。
キーワード :Perioperative practical training
perioperative nursing education
satisfaction of training
nursing student
perioperative nurses
手術室実習
周手術期看護教育
実習満足度
看護学生
手術室看護師
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/70629
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/70629

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。