★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
長岡工業高等専門学校 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 長岡工業高等専門学校研究紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
88tokoi.pdf737KbAdobe PDF
タイトル :ISATEキャンパスツアーを活用したエンジニアリングデザイン教育の実践
別言語のタイトル :Practice of Engineering Design Education Utilizing ISATE 2015 Campus Tour
著者 :床井, 良徳
大湊, 佳宏
大森, 理聡
市村, 勝巳
金子, 健正
永井, 睦
河本, 絵美
山本, 隆広
荒木, 信夫
公開者・出版者 :長岡工業高等専門学校
刊行年月 :2016-11
掲載誌名 :長岡工業高等専門学校研究紀要
巻 :52
開始ページ :88
終了ページ :93
ISSN :0027-7568
抄録 :本校のエンジニアリングデザイン演習を平成26年度に受講した専攻科生を対象に,平成27年9月15日に開催したISATE2015でのキャンパスツアーをエンジニアリングデザイン的な手法を用いて,デザインテーマ「英語での学科紹介」の企画立案,発表を行う実践教育を行った.テーマの制約条件として,15分の英語での発表,研究内容を必ず入れた学科紹介とした.準備期間は3ヶ月程度で,普段の授業や研究活動以外の時間帯で行ってもらうため自主参加とし,20名が参画した.グループ編成は各学科の紹介であるため,本科の学科編成とした.英語での発表が必須であったため,英語科の教員の協力を得て,専攻科生の英語でのプレゼンテーション能力の向上を図った.当日のキャンパスツアーでは,アクティブかつ各学科の特色を生かした発表がされており,参加した国内外の教員からも笑顔が見られた.終了後に学生へのアンケートを行った結果,キャンパスツアーを自分たちで考え,そして実行出来た事は良かったと思う学生が全体の95%を占める結果となり,学生にとっても有意義な企画であったと思われる.一方,時間が無い中での取り組みであったため,十分な時間が欲しかったという意見も多数あった.そのため実施時期や実施体制については,学生の普段の講義や研究活動を加味し,負担軽減のためのテーマ設定・制約事項や十分な準備期間の確保を考えなければならないという知見が得られた.
キーワード :engineering design education
ISATE
Campus Tour
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/68125
出現コレクション:01 長岡工業高等専門学校研究紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/68125

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。