★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟産業大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
47_101-119.pdf7345KbAdobe PDF
タイトル :モンティチェロ・プランテーションに見られる奴隷の生産物取引
別言語のタイトル :Monticello Revisited : An Examination of Slaves' Trade with Jefferson's Household
著者 :沼岡, 努
公開者・出版者 :新潟産業大学経済学部
刊行年月 :2016-7
掲載誌名 :新潟産業大学経済学部紀要
巻 :47
開始ページ :101
終了ページ :119
ISSN :1341-1551
抄録 :アメリカ独立宣言起草者、第三代大統領として知られるトマス・ジェファソンは、半面、科学的農法を奴隷制大プランテーションで実験する進歩的プランターでもあった。だが、彼の時代に南部ヴァージニアではタバコ経済が凋落の一途を辿っており、その大きな波は農工業分野における彼の新たな試みをも飲み込み、プランテーション経営は苦境に立たされていた。農場経営者としては成功しなかったジェファソンだが、200名前後の奴隷所有者として奴隷に労働意欲をもたせ、積極的に労働するよう仕向けたその手腕は後のアンティベラム時代の進歩的プランターを予感させる先駆的なものだった。その戦略のひとつが「奴隷経済活動」を背後から支持し、奴隷が余暇を利用して自身でつくる生産物を購入してやり、いっそう労働意欲をかき立てるというものであった。この奴隷生産物を買い取った記録がジェファソン農園に残っており、それを実証分析することで奴隷たちのささやかな、しかし粘り強い経済的営みが明らかとなった。特にモンティチェロ農場近隣地域の奴隷たちの自立的生産・売却活動は「モンティチェロ共同体」の形成を奴隷の側から推し進める力となった。
キーワード :ジェファソン
モンティチェロ
奴隷制
奴隷経済活動
労働刺激策
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/67069
出現コレクション:01 新潟産業大学経済学部紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/67069

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。