★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟産業大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
47_1-7.pdf3842KbAdobe PDF
タイトル :関税による幼稚産業保護はその産業の競争力を高めるか? : 垂直的製品差別化のあるベルトラン市場の場合
別言語のタイトル :Does Infant-Industry Protection by Tariff Enhance the Competitiveness of that Industry? : The Case of Bertrand market with Vertical Product Differentiation
著者 :江口, 潜
公開者・出版者 :新潟産業大学経済学部
刊行年月 :2016-7
掲載誌名 :新潟産業大学経済学部紀要
巻 :47
開始ページ :1
終了ページ :7
ISSN :1341-1551
抄録 :幼稚産業保護政策により産業を保護することはその産業の国際競争力の獲得や強化を促すかどうか、ということは自明な問いではない。本稿ではMotta(1993)で用いられたvertical product differentiationのあるduopoly modelを使い、高い品質の財を生産する海外企業と低い品質の財を生産する国内企業が国内市場でベルトラン競争をしている場合について、海外企業の製品に関税をかけて国内産業の保護を行った場合に、保護された国内企業の「品質の向上をしようとするインセンティブ」が強くなるか、あるいは「生産にかかる費用を低くしようとするインセンティブ」が強くなるか、ということを調べる。分析結果は次の通りである。関税は、ベルトラン市場で、国内幼稚産業企業の品質を上げたり費用を下げたりしようというインセンティブを高める。ただしその効果は「あたかも海外企業の生産コストが関税率と同じ率だけ上昇する」のと同等の効果であり、そのため効果としてはモデラートである。
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/67064
出現コレクション:01 新潟産業大学経済学部紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/67064

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。