★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県立大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 人間生活学研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
nsk_6_1_12.pdf2505KbAdobe PDF
タイトル :新潟県の病院・高齢者施設における災害時用非常食・備蓄食の準備状況に関する調査
別言語のタイトル :Study pertaining to the preparation status of disaster-emergency/stocked at hospitals and elderly care facilities in Niigata Prefecturefood
著者 :田村, 朝子
阿部, 若奈
中野, 千寿子
辻, 友美
金胎, 芳子
公開者・出版者 :新潟人間生活学会
刊行年月 :2015-3
掲載誌名 :人間生活学研究
巻 :6
開始ページ :1
終了ページ :12
ISSN :1884-8591
抄録 :本研究では、現在の新潟県の病院と高齢者施設における災害時の非常食・備蓄食の準備状況をアンケート調査し考察した。調査は、2013(平成25)年5 〜6 月、新潟県内の給食施設395 施設(病院128、高齢者施設267)の管理栄養士に回答を依頼し、205 施設(病院71、高齢者施設134)から回答を得た(回収率51.9%)。その結果、災害時における危機管理マニュアルが182 施設(88.8%)で整備されており、非常食・備蓄食は、201 施設(98.0%)とほとんどの施設で備蓄されていた。非常食・備蓄食の備蓄量は、3 日分が最も多く、平均2.4 ± 0.9 日分で、保存期間が3 〜4 年の食品を備蓄している施設が47.2% あった。備蓄食品は、主食が、お粥(レトルト・缶)、アルファ化米、レトルトご飯の順に多く、主菜、副菜が、缶詰、レトルト、フリーズドライの形態で、魚・肉料理や野菜の煮物が多かった。また、主食・主菜だけでなく、野菜や果物などの副菜も備蓄し、1 食分の献立として組み合わされていた。水については、飲料用と調理用に分けて備蓄している施設が多かった。飲料用として平均2.4 ± 1.6 日分、1 人1 日1.8 ± 1.2ℓ となった。非常食・備蓄食および水の保管は、86.1% が施設内に保管しており、更新方法としては、賞味期限内に日常献立や避難訓練時に使用し、入れ替えていることがわかった。また、施設の厨房の熱源は「ガス+ 電気」「ガス+ 電気+ 蒸気」のように複数の熱源を備えている施設が78.5% あった。食材料以外の備えとして、調理用にガスコンロなどの熱源を20.8% の施設が備蓄していた。 以上の結果から、新潟県の病院・高齢者施設における非常食・備蓄食の準備状況が明らかになり、地域防災計画を基に準備が進められていることが明らかになった。また、危機管理マニュアルの見直しを検討している施設が8.3%、非常食の備蓄量が4 〜5 日以上の施設が2.5% あることも明らかになった。これらの施設は、東日本大震災後に見直しを図っていると推察された。
Our study involved the distribution of a questionnaire survey designed to assess the preparation status of disaster-emergency/stocked food inventories at the current hospitals and elderly care facilities in Niigata Prefecture.The survey was conducted during the period from May through June 2013, and 205 responses (71hospitals and 134 elderly care facilities) were obtained (the recovery of 51.9%). The result revealed that 182 facilities (88.8%) had compiled crisis-management manuals in preparation for disasters; moreover,201 facilities (98.0%), or nearly all the participating facilities, had prepared emergency/stocked food supplies. Most of the facilities had stocks of food sufficient for three days, with the average amount being sufficient for 2.4±0.9 days. Water was divided into two categories for storage: one for drinking and the other for cooking. The average amount of stocked drinking water was sufficient for 2.4±1.6 days,or 1.8±1.2ℓ per person per day. Furthermore, 78.5% of all the participating facilities used multiple heat sources such as “gas + electricity” or “gas + electricity + steam.”The above results show that the preparation status of food/water storage has been established based on the regional disaster prevention plan of Niigata refecture. It has also been revealed that 8.3% of the participating facilities are discussing the review of their crisis-management manuals.
キーワード :災害
非常食
病院
高齢者施設
地域防災計画
disaster
disaster-emergency / stocked food
hospital
elderly care facility
regional disaster prevention plan
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/66284
出現コレクション:01 人間生活学研究

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/66284

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。