★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0803_3.pdf975KbAdobe PDF
タイトル :男性看護師の育児休業取得および子育ての実態と促進要因
別言語のタイトル :The Current Status of Childcare Leave-taking and Childrearing by Male Nurses, and Factors Promoting Their Taking of Childcare Leave
著者 :小島, さやか
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2016-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :8
号 :3
開始ページ :19
終了ページ :28
ISSN :1883-759X
抄録 :An anonymous self-administered questionnaire survey was conducted, on 154 male nurses with children between 0 and 12 years of age, concerning the status of their childcare leave-taking and childrearing, as well as factors promoting the taking of childcare leave. The survey revealed the following facts. 1. Thirteen male nurses (8.4%) had taken childcare leave, with roughly half taking less than one month of leave. Respondents’ reasons for leave-taking included reducing the burden on their wives and/or care of their new born or older children. 2. To encourage male nurses to take childcare leave, it is necessary to promote a positive attitude towards such leave, and to provide a working environment that allows childcare leave-takers to return to the same position in the workplace after their leave. 3. Disincentives for childcare leave-taking included the environment or atmosphere of their workplace, economic factors, work demands, objections from those around them, and insufficient understanding and poor public recognition of the childcare leave system. 4. The average length of time spent by male nurses in childrearing was 2.2 hours a day, and this time tended to increase with lower youngest-child age and/or lesser gender role awareness. 5. In order for male nurses to achieve a desired balance between work and childrearing, a work climate is required in which workers respect each other's notions of work and lifestyle, and both their income and alternative staffing during childcare leave are properly ensured.
男性看護師の育児休業取得および子育ての実態と促進要因について、0~12歳の子を持つ男性看護師154名への自記式無記名質問紙調査を行い、以下のことが明らかになった。1.育児休業取得の現状について、取得経験者は13名(8.4%)であり期間は1か月未満が半数を占めた。取得理由は、妻の負担軽減ならびに生まれた子や上の子の世話であった。2.育児休業取得の促進要因は、育休取得に対する肯定的な意識を持つことや、育休終了後に休業前と同等の地位・職場に復帰できる職場環境であることが挙げられる。3.育児休業取得の阻害要因として、職場の環境や雰囲気、経済的理由、業務が多忙であること、周囲からの反対、制度の認識不足等が関係していた。4.子育てに関わる時間は平均2.2時間/日であり、末子年齢が低いことや性別役割分担意識の低さにより時間が長くなる傾向にあった。5.男性看護師が自身の希望に沿って仕事と子育てを両立するには、互いの仕事や生活への考え方を肯定できる職場風土の醸成、育休中の収入の保障や人員の確保等が必要である。
キーワード :Male nurse
childcare leave
childrearing
work-life balance
gender role awareness
男性看護師
育児休業
子育て
ワーク・ライフ・バランス
性別役割分担意識
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/61746
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/61746

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。