★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0801_02.pdf1576KbAdobe PDF
タイトル :医療施設での死後の処置の課題 : 葬祭業従事者への調査から
別言語のタイトル :Issues related to postmortem measures at medical facilities : Based on a survey on death care industry workers
著者 :小林, 祐子
和田, 由紀子
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2015-9
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :8
号 :1
開始ページ :13
終了ページ :22
ISSN :1883-759X
抄録 :The objective of the present study was to elucidate issues related to postmortem measures at medical facilities based on the condition of corpses after they leave the hospital and the participation of family members in postmortem measures. A questionnaire survey on problems related to corpses, infection prevention conditions, and other factors was conducted on 680 death care industry workers, and a total of 232 valid responses were analyzed. The results indicated problems such as openings in the body and leakage of body fluids, and suggested the need for medical facilities to perform postmortem measures according to the condition of corpses. Because death care industry workers who believed that family participation led to grief care tended to verbally encourage families to participate in postmortem measures, and because problems such as bleeding and leakage of body fluids led to difficulties in handling among families, a review of postmortem measures, such as storage at lower temperatures of corpses at their medical facility and suturing of the sites where intravenous tubes had been removed, was considered necessary. Families were also given opportunities to participate in postmortem measures after corpses had been released from the hospital. Given that explanations that consider the possibility of infection for families, as with death care industry workers, are required, and that despite a great need, medical personnel provided little information on corpses such as the possibilities of infection and problems, investigation of approaches for cooperation between nurses and death care industry workers was considered necessary.
本研究の目的は、退院後の遺体の状況や家族の処置への参加状況から、医療施設での死後の処置の課題を明らかにすることである。葬祭業従事者680名に遺体に関するトラブルや感染予防状況などの質問紙調査を実施し、232名の有効回答を分析した。結果、開口や体液漏れなどのトラブルがみられ、遺体の状況に応じた処置を医療施設から行う必要性が示唆された。葬祭業者の中で家族参加がグリーフケアにつながると考えているほうが参加の声かけを行い、出血や体液漏れなどのトラブルの際には家族の対応が困難になることから、医療施設からの冷却、太い点滴チューブ抜去後の縫合など処置の見直しが求められる。家族は退院後も処置に参加する機会があり、葬祭業者と同様に家族の感染の可能性も考慮した説明が必要である。医療者から感染やトラブルの可能性など遺体に関する情報提供が少なく、そのニーズも高いことから、看護師と葬祭業者間の連携のあり方を検討することが課題である。
キーワード :postmortem care
grief care
corpse management
death care industry worker
死後の処置
グリーフケア
遺体の管理
葬祭業者
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/53645
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/53645

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。