★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0703_01.pdf690KbAdobe PDF
タイトル :岡村社会福祉論の論理構造と課題 : 『社会福祉原論』(1983年)を通じて
別言語のタイトル :The Logical Structure of Okamura’s Social Welfare Theory and Its Challenges : Revisiting Principles of Social Welfare (1983)
著者 :平川, 毅彦
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2015-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :7
号 :3
開始ページ :1
終了ページ :11
ISSN :1883-759X
抄録 :This paper considers Shigeo Okamura’s Principles of Social Welfare (1983) by discussing the logical structure of Okamura’s social welfare theory, as grounded as a “unique social welfare perspective”, and then elucidates some of the challenges to its further development. The features of Okamura’s social welfare theory may be summarized as follows: (1) a critical collaboration between “legislated” and “voluntary” models of social welfare, (2) a “unique social welfare perspective” grounded in the “basic requirements of social life” and “subjective aspects of social relations”, and (3) the principles of assistance that are derived from this “unique social welfare perspective.” To further the development of Okamura’s social welfare theory, the following questions arise. Does social welfare develop irrevocably along a single track? Can the basic requirements of social life still have any validity today? Is the assistance derived from his unique social welfare perspective effective in actual practice? What sort of challenges to social structures could render such assistance effective? By corroborating such challenges with a focus on the ordinary people’s perspectives, it will be possible to facilitate the further development and expansion of Okamura’s social welfare theory.
本論では、岡村重夫の『社会福祉原論』(1983年)をテキストとし、「社会福祉固有の視点」にもとづく岡村社会福祉論の論理構造を検討し、発展的検討に向けた課題の一端を明らかにした。岡村の社会福祉論の特徴は、(1)「法律による社会福祉」と「自発的な社会福祉」との批判的協力関係、(2)「社会生活の基本的要求」と「社会関係の主体的側面」に基づく「社会福祉固有の視点」、(3)「社会福祉固有の視点」から導き出される援助の原理、という3点にまとめることができる。岡村社会福祉論の更なる展開のために以下のような課題が引き出される。社会福祉は後戻りすることなく単線的に発展するのか。社会生活の基本的要求は今日においても妥当性を持ちうるのか。社会福祉固有の視点から導き出される援助は実際に有効なのだろうか。そうした援助を有効なものとしうる社会構造上の課題とはいかなるものなのか。生活当事者の視点を中心に据えた検証作業によって、岡村社会福祉論の発展は可能となる。
キーワード :Social Welfare
Okamura Shigeo
Unique Social Welfare Perspective
社会福祉
岡村重夫
社会福祉固有の視点
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/50524
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/50524

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。