★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Nagaoka National College of Technology >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 長岡工業高等専門学校研究紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
25satoh.pdf869KbAdobe PDF
Title :長岡高専インターアクトクラブ活動報告 2013-理念・方針・活動・沖縄高専との交流・安全対策-
Title alternative :Annual Report 2013 of Interact Club in Nagaoka National College - Report for the Idea, the Policy, the Activities, the Security Measures and the Students Interaction of Interact Club in Nagaoka National College of Technology -
Authors :佐藤, 公俊
吉川, 友子
野口, 一英
松島, 武司
荒牧, 和沙
Publisher :長岡工業高等専門学校
Issue Date :2013
Journal Title :長岡工業高等専門学校紀要
Volume :49
Issue :25
Start Page :33
ISSN :0027-7568
Abstract :本稿では,長岡高専インターアクトクラブの理念・方針・安全対策,主に2012年夏から2013年夏にかけての活動と,新設の沖縄高専インターアクトクラブと国際交流委員会(World Student Bridge : WSB)とのお互いに行き来しての多文化・多世代・国際交流を紹介し,安全対策における若干の課題を検討する. 長岡高専インターアクトクラブは,1965年に国際ロータリークラブ第2560地区の長岡ロータリークラブの認証により創設され,児童養護施設の双葉寮への40年来の訪問,被災地への義捐金の募金,および,ペットボトルキャップ収集などの社会貢献活動を行い,社会問題の認識の目と対応の手を養ってきた.また,この20年来,スキー研修,バーベキュー,長岡大花火見物,餅つきなどをとおした本校や他校の留学生との文化・国際交流活動を行い,国際理解の目と交流の手を鍛えてきた.メンバーは本校のほとんどの留学生を含めて50人前後である. 沖縄高専国際交流委員会WSB(通称ワサビ)は,2010年4月に設立された.また,沖縄高専インターアクトクラブは2013年5月14日に国際ロータリーの認証により創設された.メンバーは留学生を含めて同年5月現在で30人である.2011年3月から長岡高専インターアクトクラブと沖縄高専WSBとは,3月の国際交流スキー研修と9月の沖縄交流平和研修で,お互いの地域を行き来しての遠隔地間の交流を行い,留学生とロータリアンも交えての多文化・多世代交流を続けている.
Keywords :Interct Club
Rotary Club
World Student Bridge
Okinawa
students exchange
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/50121
Appears in Collections:01 長岡工業高等専門学校研究紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/50121

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.