★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0701_01.pdf3249KbAdobe PDF
タイトル :保育におけるわらべうたの教育的効果 : 担任アンケートとわらべうた遊びの分析を通した考察
別言語のタイトル :Educational Effects of Traditional Japanese Children’s Songs (Warabe-Uta ) in Preschool : Analyses of Results from a Questionnaire Given to Classroom Teachers, and from Observation of Children Enjoying These Songs.
著者 :渡辺, 優子
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2014-9
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :7
号 :1
開始ページ :1
終了ページ :10
ISSN :1883-759X
抄録 :The educational effects of teaching traditional Japanese children’s songs (warabe-uta ) were observed and analyzed at four different preschools, where the children were five and six years old. Analyses were made of sound spectrograms of these songs, of the relationship of these songs to particular rhythms and accents in the Japanese language, of their melodic structure, as well as of their ability to develop the children’s sense of rhythm. Classroom teachers’ responses to a questionnaire were also analyzed, in order to discern what results these teachers hoped to achieve with these songs. Our analyses revealed that the songs were deeply related to rhythms and accents in Japanese, and that they not only reflect such naturally-occurring characteristics of the Japanese language, but also contain in their simple structures various elements which make them particularly attractive to children. The questionnaire responses revealed that teachers generally expected the songs to be educationally effective, but on the other hand, some respondents did not feel very comfortable using them. It seems further research will be necessary, in order to develop techniques designed to take fuller advantage of the educational potential of these songs.
わらべうたが保育においてどのような効果を持つのか、4園の5歳児のわらべうた遊びの様子を観察し、声紋分析、日本語のリズムやアクセントの特徴、旋律構造、拍節感などから分析した。また、それぞれのクラス担任へのアンケートより、わらべうたの効果やイメージについて考察した。その結果、わらべうたは日本語のリズムやアクセントなどと深く関係しているが、単に日本語の特徴に忠実に従っているのではなく、単純な構造の中に、子ども達の心を惹きつける様々な仕掛けがあることがわかった。担任アンケートにおいては、全般的には、わらべうたの効果を認めているものの、なじみがないなどの意見もあった。今後は、わらべうたを効果的に保育に生かす方法の検討が必要であると考える。
キーワード :traditional Japanese children’s songs
warabe-uta
child play
sound spectogram
Japanese rhythm
Japanese accent
わらべうた
遊び
声紋分析
日本語のリズム
アクセント
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/49001
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/49001

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。