★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟リハビリテーション大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟リハビリテーション大学紀要 = Niigata University of Rehabilitation Bulletin >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
2(1)-83-90.pdf790KbAdobe PDF
タイトル :習慣的運動が健康に与える影響 : 握力を指標として
別言語のタイトル :Effect of Habitual Exercise on Health : Grip Strength as an Indicator
著者 :仲丸, 葵
伊藤, 百代
望月, 恵
佐藤, 麗奈
小林, 夏姫
斉藤, 千世
中山, 望美
加藤, 豊広
公開者・出版者 :新潟リハビリテーション大学
刊行年月 :2013-12
掲載誌名 :新潟リハビリテーション大学紀要
巻 :2
号 :1
開始ページ :83
終了ページ :90
ISSN :2189-0684
抄録 :筋力は全身の健康状態を表すと報告されている.そこで,筋力を健康指標として習慣的運動の影響を非ランダム化比較対照試験で検討し,筋力と身体活動量に関しても横断研究で検討した.対象者は28 名として,歩行・ジョギング群と筋トレ群(アイソメトリック運動)と非運動群に非ランダムに割付けて3 週間介入を行った.筋力の測定は握力とし,手関節の関節可動域の測定も行った.横断研究は質問紙法で介入前に身体活動量を測定した.その結果,横断研究では,握力と身体活動量・手関節の関節可動域の間に正の相関があった.このことから,筋力と筋柔軟性及び筋力と運動量は関連することが示唆された.3 群比較の非ランダム化比較試験では,歩行・ジョギング群は,握力が左側,両側平均値ともに,介入前と比較して増加したが有意な差はなかった.一方,非運動群は統計的な差がないものの,介入前と比較して介入後は握力値が低下した.筋トレ群は介入前と比較して介入後は握力値が低下し,有意な差があった.このことから歩行・ジョギング運動は筋力の維持・向上並びに健康の保持増進に寄与する可能性が示唆された.
キーワード :運動
握力
身体活動量
exercise
grip strength
physical activity amount
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/48851
出現コレクション:01 新潟リハビリテーション大学紀要 = Niigata University of Rehabilitation Bulletin

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/48851

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。