★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟リハビリテーション大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟リハビリテーション大学紀要 = Niigata University of Rehabilitation Bulletin >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
2(1)-75-78.pdf763KbAdobe PDF
タイトル :新潟方言 : 県民の方言理解と使用に関する一研究
別言語のタイトル :Niigata Dialect : An investigation on comprehension and usage among local residents
著者 :青木, 理紗
大野, 華純
仲川, 瑞希
長谷川, 智美
星, 芙美香
倉智, 雅子
公開者・出版者 :新潟リハビリテーション大学
刊行年月 :2013-12
掲載誌名 :新潟リハビリテーション大学紀要
巻 :2
号 :1
開始ページ :75
終了ページ :78
ISSN :2189-0684
抄録 :新潟方言の理解と使用の地域差について,新潟県在住の中学生以上を対象に中越(長岡,柏崎),下越(新潟),佐渡で実地調査した.10 種類の新潟方言を含めた例文を作成し,被験者に提示した.被験者にはこれらの方言の意味を答えてもらい,同時に日常生活でも使用しているかを回答してもらった.方言の理解・使用についての大きな地域差は認められなかった.それと同時に被験者の年齢に関係なく,若年群・高齢群ともに標準語普及と方言離れが示唆された.
キーワード :方言
新潟
語彙
地域差
年齢差
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/48849
出現コレクション:01 新潟リハビリテーション大学紀要 = Niigata University of Rehabilitation Bulletin

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/48849

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。