★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟リハビリテーション大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟リハビリテーション大学紀要 = Niigata University of Rehabilitation Bulletin >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
1(1)-51-60.pdf901KbAdobe PDF
タイトル :表面筋電図の筋電量の解析による健常若年者の舌骨上・下筋群活動に及ぼす前舌保持嚥下法の影響
別言語のタイトル :Electromyographical Study of the Effects of the Tongue-hold Swallow upon the Submental and Infrahyoid Muscle Activities in Young Healthy Adults
著者 :髙橋, 圭三
倉智, 雅子
浅海, 岩生
公開者・出版者 :新潟リハビリテーション大学
刊行年月 :2012-12
掲載誌名 :新潟リハビリテーション大学紀要
巻 :1
号 :1
開始ページ :51
終了ページ :60
ISSN :2189-0684
抄録 :前舌保持嚥下法が嚥下関連筋である舌骨上筋群および舌骨下筋群へどのような負荷を与えているのかを表面筋電図を用いて計測した.対象は健常若年成人30名(男女各15名)とし,表面筋電図の電極貼付部位は,顎二腹筋前腹相当部(舌骨上筋群)と甲状舌骨筋相当部(舌骨下筋群)とした.挺舌なしの通常位,挺舌1 cm 程度の小保持位,挺舌2 cm 程度の大保持位それぞれの空嚥下時筋活動の筋電量を測定し比較した.その結果,1 )空嚥下時筋活動の筋電量の積分値は,舌骨上筋群では通常位と大保持位の比較のみ,舌骨下筋群では全ての舌保持位間の比較で挺舌距離が増すにつれ増大した(P<0.05).2 )積分値/秒は,舌骨上筋群の通常位と大保持位の比較のみ挺舌距離を長くした方が増大した(P<0.05).このような成績から前舌保持嚥下法は挺舌距離を長くするほど嚥下関連筋の筋電量が増大する傾向にあるようであった.
キーワード :前舌保持嚥下法
表面筋電図
舌骨上・下筋群
健常成人
tongue-hold Swallow
electromyography
submental muscles
infrahyoid muscles
normal adults
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/48661
出現コレクション:01 新潟リハビリテーション大学紀要 = Niigata University of Rehabilitation Bulletin

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/48661

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。