★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 事業創造大学院大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
地域資源を活用した着地型観光の運営体制と課題について.pdf1255KbAdobe PDF
Title :地域資源を活用した着地型観光の運営体制と課題について ―新潟県新潟市西蒲区岩室温泉地区における着地型観光による地域活性化について―
Authors :小泉 求
富山 栄子
沼田 秀穂
Publisher :事業創造大学院大学
Issue Date :Apr-2014
Journal Title :事業創造大学院大学紀要
Volume :5
Issue :1
Start Page :19
End Page :35
ISSN :2185-4769
Abstract :従来の物見遊山的な観光に対して、これまで観光資源として認識されていなかった地域固有の資源を新たに発掘し、体験型・交流型の要素を取り入れた「着地型観光」は、観光商品化の際に地域の特性を活かしやすいことから、地域活性化につながるものと期待されている。 また、着地型観光の運営形態としては、旅行商品で独立採算となることを目指す「本業型」、別に宿泊業や運輸業等を営み相乗効果を期待する「副業型」、旅行会社の商品に組み込み、流通販売効果を期待する「組込型」の3つにタイプに分けられる。 新潟県新潟市西蒲区岩室温泉地区において、地域の農産物等を観光資源とした「着地型観光」への取り組みについて調査し、観光事業者の運営形態や組織、提供する体験プログラム等の実態及びその課題等について考察する。
Keywords :着地型観光
NDC :地域の観光資源
持続可能なまちづくり
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/47242
Appears in Collections:01 事業創造大学院大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/47242

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.