★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Sado City Board of Education >
010 佐渡市教育委員会 = Sado City Board of Education >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 佐渡博物館研究報告 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
8_115-119.pdf589KbAdobe PDF
Title :ミールウァームの幼虫と玄米が大量にある条件下におけるスズメ Passer montanus saturatus の採食重量の割合
Authors :大田, 保文
Publisher :佐渡博物館
Issue Date :Mar-1981
Journal Title :佐渡博物館研究報告
Volume :8
Start Page :115
End Page :119
Abstract :スズメの成鳥と若鳥を材料に用いて,ミールウァームの幼虫と玄米が大量にある条件下における1年間の採食重量を調べた。すると,次のような結果が得られた。1. 成鳥も若鳥も1年を通してミールウァームの幼虫を大量に採食した。その幅は成鳥は89%~97% で,若鳥は, 56%~98%であった。これは,スズメは,生得的に動物質を主食とする性質をもち,自然界(人里)に過剰に動物質が出現した時,それをコントロールしていることを示している。2. 玄米を,毎日少量でも採食した。ミールウァームのみでは,生命を維持し続けられないが,これに少量の玄米を採食することによって生命の維持と産卵が可能となる。これは,動物質と植物質の双方を採食しなければならないが,その割合の高低は,生命の維持には問題とならないことを示している。3. スズメは,採食可能なもので、あれば,その時,その場にあるものを採食している。この時,動物質を優先して採食しているといえる。なお,今後,スズメの数を多くしてより多くのデーターをとる必要がある。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/45844
Appears in Collections:02 佐渡博物館研究報告

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/45844

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.