★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟医療福祉大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟医療福祉学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
026_030_w1302.pdf646KbAdobe PDF
タイトル :糖尿病を有する褥瘡患者に炭水化物量の調整とアルギニン、ビタミン、ミネラル強化を行った1症例
別言語のタイトル :Modulated Carbohydrate and Reinforced Arginine, Vitamin and Mineral in A Patient with Pressure Ulcer and Diabetes : A Case Report.
著者 :北林, 紘
高橋, 睦美
公開者・出版者 :新潟医療福祉学会
刊行年月 :2014-3
掲載誌名 :新潟医療福祉学会誌
巻 :13
号 :2
開始ページ :26
終了ページ :30
ISSN :1346-8774
抄録 :Attention to deficiency of arginine, vitamin, and mineral is required for pressure ulcer patient. The other side, modulated carbohydrate for blood sugar control of diabetes is practiced. We report a case of modulated carbohydrate and reinforced arginin, vitamin and mineral in a female patient with pressure ulcer (23 points by DESIGN-R ) at sole and diabetes. A 92 year old woman has received enteral feeding. Low body mass index 16.6 kg/m2, low albumin concentration 29. g/dl, and low energy intake was observed but accumulation of subcutaneous fat. Therefore, although required energy is 1340 kcal, we designed nutritional plan of 1000 kcal. Furthermore, we proposed that plan is modulated carbohydrate to prevent elevation of blood sugar level and reinforced arginine, vitamin and mineral to accelerate repair. Total energy 1000 kcal( carbohydrate 129 g, protein 34 g, fat 42 g) was used Isocal 2K 800 kcal and Meibalance Arg Mini 200 kcal at 241 day. In planning, the patient had not been observed elevation of blood sugar level. Then pressure ulcer is ameliorated at 271 day( 21 points), at 299 day( 18 points), at 334 day( 14 points), and healed at 361 day. This result obtained from preventing elevation of blood sugar and reinforced arginine, vitamin and mineral.
褥瘡患者ではアルギニン(Arg)、ビタミン、ミネラルの欠乏状態に陥らないように注意が必要である。一方、糖尿病患者では血糖管理のために炭水化物摂取量を重点的に管理する栄養療法が実践されている。今回、発症から228病日を過ぎても治癒しない糖尿病を有する褥瘡患者に、炭水化物量の調整とArg、ビタミン、ミネラルの強化を行ったので、経過を報告する。症例は92歳、女性、足底部に褥瘡を発症。228病日のDESIGN-R 褥瘡経過評価は23点。経口摂取不可のため、経管栄養にて治療。栄養アセスメントでは、BMI 16.6kg/m2、Alb 2.9g/dl、エネルギー摂取不足を認めた。しかし、上腕三頭筋皮下脂肪厚測定結果から体脂肪の蓄積も認めた。そのため、必要エネルギーは1340kcal/日と考えられたが、投与エネルギーは1000kcal/日とした。また、症例は糖尿病を有しており、投与エネルギー増加に伴い、血糖値の乱れが心配された。そこで、炭水化物量を増加させず、かつ、Arg、ビタミン、ミネラル強化を同時に行う事にした。栄養ケア計画は、アイソカル 2Kを800kcal、メイバランス Arg Mini を200kcal使用して、合計1000kcal/日( 炭水化物129g、蛋白質34g、脂質42g)とし、241病日から実施した。計画実施中は、血糖値の悪化はみられなかった。その後、褥瘡は271病日21点 、299病日18点 、334病日14点と肉芽形成が促進し、361病日目に治癒した。この結果、摂取エネルギーを増加させたものの、血糖値の上昇を防いだことと同時に、Arg、ビタミン、ミネラルを強化させたことが有効であったと考えられた。
キーワード :diabetes
arginine
vitamin
mineral
pressure ulcer
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/45805
出現コレクション:01 新潟医療福祉学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/45805

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。