★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0603_04.pdf1319KbAdobe PDF
タイトル :脳神経の手術を受けた高齢者の看護の実際と課題の検討
別言語のタイトル :Actual Situations and Problems of Postoperative Nursing Care for the Elderly who Underwent Neurosurgical Operation
著者 :金子, 史代
倉井, 佳子
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2014-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :6
号 :3
開始ページ :35
終了ページ :44
ISSN :1883-759X
抄録 :The objective of the study is to identify nursing care and related problems involved in extending the daily life and supporting self-care of the elderly who underwent neurosurgical operation, and to determine the direction of nursing care. Subjects were six nurses who had been working in an acute-phase department for five years or longer.  Collected data was analyzed by the qualitative synthesis method (KJ method). The results clarified [nursing care to enhance the treatment effect of neurosurgical operation in the elderly], [coordination and cooperation with other medical occupations], [understanding of characteristics of the elderly and changes caused by neurosurgical operation in the elderly], [support for the objective of nursing care for the elderly who underwent neurosurgical operation], [support for the elderly for independence and self-control], [restraint to protect the safety of the elderly who underwent surgical operation and mental strain (of nurses) due to such work], and [support for the family of the elderly who help with postoperative motivation for recovery and cognitive ability of the elderly]. There also were the following problems: the need for agreement between medical occupations toward hospital discharge of the elderly; relationship to enhance the capacity of the family of the elderly for nursing care; and difficulties of the practice to reduce the period of restraint to protect the safety of the elderly. It was suggested that there is a need for effective coordination and cooperation of the whole medical team in the nursing care of the elderly who underwent neurosurgical operation.
本研究の目的は、脳神経の手術を受けた高齢者の日常生活行動の拡大とセルフケアの支援に必要な看護と課題を明らかにし看護の方向性を見出すことである。研究対象者は急性期病棟に5年以上勤務している看護師6名である。収集したデータは質的統合法(KJ法)により分析した。 その結果、【高齢者の脳神経の手術治療の効果を高める看護】【他の医療職との連携と協働】 【高齢者の特徴と脳神経の手術により生じる高齢者の変化の把握】【脳神経の手術を受けた高齢 者の看護の目標に向けた支援】【高齢者の自立と自律への支援】【術後の高齢者の安全を守る抑 制、その行為による(看護師の)心の痛み】【高齢者の術後の回復意欲と認知能力を支える家族 への支援】が明らかになった。課題としては、高齢者の退院に向けた職種間の合意の必要性、高 齢者の家族の介護力を引き出す関わり、そして、高齢者の安全を守る抑制の時間を短縮する実践 の困難を述べていた。脳神経の手術を受けた高齢者の看護では、医療チーム全体の効果的な連携 と協働の強化の必要性が示唆された。
キーワード :neurosurgical operation
elderly
self-care
postoperative nursing
脳神経の手術
高齢者
セルフケア
術後看護
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/44961
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/44961

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。