★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟医療福祉大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
03 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
040_onishi_h.pdf1224KbAdobe PDF
タイトル :最大等尺性膝屈曲運動時のハムストリングスの筋活動について
別言語のタイトル :The EMG Activities of Hamstring Muscles during Maximum Isometric Knee Flexion
著者 :大西, 秀明
池田, 知純
八木, 了
赤坂, 清和
大山, 峰生
百瀬, 公人
伊橋, 光二
半田, 康延
公開者・出版者 :日本理学療法士協会
刊行年月 :1999-3
掲載誌名 :理学療法学
巻 :26
号 :2
開始ページ :62
終了ページ :67
ISSN :0289-3770
抄録 :本研究の目的は, 膝関節屈曲運動時におけるハムストリングス4筋の活動様式の違いを明らかにすることと, 最大随意収縮中の関節角度と筋活動および発揮トルクとの関係を明らかにすることであった。対象は健常男性10名であった。運動課題は5秒間の最大等尺性膝屈曲運動であり, その時の発揮トルクを測定し同時に半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋長頭・大腿二頭筋短頭から筋電図を導出した。運動は股関節0度の腹臥位で, 膝関節を60度と90度の屈曲角度で下腿を中間位, 外旋位および内旋位に固定した肢位で行った。筋電図の導出には双極ワイヤー電極を使用し, 得られた筋電図を全波整流した後積分値を求め, 膝屈曲トルクと共に関節角度との関係を観察した。その結果, 膝屈曲トルクは下腿回旋肢位にかかわらず常に60度屈曲位で有意に高い値を示した。半腱様筋の筋電図積分値は下腿中間位および外旋位において60度屈曲位の方が90度屈曲位に比べて有意に低い値を示した。半膜様筋の積分値も同様に下腿中間位で60度屈曲位で有意に低い値を示し, 下腿外旋位で60度屈曲位の方が低い傾向を示した。一方, 大腿二頭筋長頭の積分値は, 下腿回旋肢位にかかわらず60度屈曲位で得られた値の方が90度屈曲位での値より有意に高い値を示した。大腿二頭筋短頭の積分値は下腿回旋の肢位にかかわらず60度屈曲位で得られた値と90度屈曲位で得られた値との間に有意な差はみられなかった。これらのことより, 最大努力で膝関節を屈曲している場合でも, 主動作筋であるハムストリングス4筋の筋活動は関節角度に影響されて変化することと, 膝関節屈曲運動に関与するハムストリングス4筋の活動様式に違いがあることが示された。
The purpose of this study was to find some differences in activities among four hamstring muscles by integrated EMG, and to analyze the relationship among EMG, torque and muscle length during maximum isometric knee flexion. Ten healthy male volunteers participated in this study. The subject was fixed in prone position on a bed, and the knee joint was fixed at 60- or 90-degree in flexion with neutral, external and internal knee rotation. They performed maximum isometric knee flexion with these six knee positions. Then, the knee flexion torque was measured and the EMG data were detected by bipolar fine wire electrode from semitendinosus, semimembranosus and long and short head of biceps femoris muscle, simultaneously. The EMG data were full-wave rectified and integrated(IEMG). The knee flexion torque and the detected IEMGs from each hamstring muscle at 60-degree were compared with the values at 90-degree in each knee rotated position. As a result, the knee flexion torque at 60-degrees was higher than that at 90-degree regardless of knee rotation. The IEMG values of the semitendinosus and semimembranosus muscle at 60-degree in knee flexion with neutral and external knee rotation position were lower than those at 90-degree. On the other hand, the IEMG value of the long head of biceps femoris at 60-degree with neutral, external and internal knee rotation were significantly higher than those at 90-degree. There were no significant differences in IEMG values of short head of biceps femoris between 60-degree and 90-degree with any rotational angles. These results indicate next two insights. First, there are obvious differences in activities among four hamstring muscles during maximum isometric knee flexion. Second, the agonist muscles are not always fully active even if the isometric movement is performed with the maximum efforts.
キーワード :最大等尺膝屈曲
ハムストリングス
筋活動
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/41602
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/110003994628
権利 :日本理学療法士協会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出現コレクション:03 査読済論文 = Postprint

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/41602

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。