★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
The Niigata Prefectural Museum >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper  >
01 新潟県立歴史博物館研究紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
13_29-94.pdf9504KbAdobe PDF
Title :新潟県の縄文時代中期土偶
Title alternative :Study on the Middle Jomon dogu in Niigata prefecture
Authors :宮尾, 亨
寺﨑, 裕助
Publisher :新潟県立歴史博物館
Issue Date :Mar-2012
Journal Title :新潟県立歴史博物館研究紀要
Volume :13
Start Page :29
End Page :94
ISSN :1345-4862
Abstract :新潟県の縄文時代中期を対象に各遺跡の土偶出土点数を集計し、動作を造形するなどした多様な土偶が、112遺跡1204点あまり存在することを明らかにした。そのうち57遺跡882点について、出土部位の偏りや表現の違いを遺跡単位に数量で把握した。結果、土偶の出土数量は遺跡間の格差が著しいが、各遺跡で出土部位に偏りはほとんどない。個体を構成する部位の中で胴体のように、ヒト形の最小要素をとどめて残存していたようすが推察された。縄文時代中期約1000年間の中で、土偶の稀少性はきわめて高いが、同時に多様な観念に関わって生産消費された道具と解釈される。
Keywords :土偶
分割塊製作法
成形型
表現型
数量
部位
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/41083
Appears in Collections:01 新潟県立歴史博物館研究紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/41083

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.