★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 事業創造大学院大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
24 jigyo紀要 論説 山田俊郎 .pdf1615KbAdobe PDF
Title :事業創造教育でのビジネスゲーム・ビジネスシミュレーションに関する有用性の予備研究2
Authors :山田, 俊郎
Publisher :事業創造大学院大学
Issue Date :May-2012
Journal Title :事業創造大学院大学紀要
Volume :3
Issue :1
Start Page :1
End Page :10
Abstract :起業をプランする行為、経営資源を得て実際に起業する行為、そしてスタートアップの経営をする行為のプロセスに分けて、意識、知識、経験、感性、能力など人的要件を挙げると、そこに用意されなければならない起業ないし起業家教育が広範で、支援のための教育資源は相当の質と量が必要であり、困難が伴うものとの認識が寄稿者にはある。 そこで、その教育を担う本学一教員であり、また、専門学校生・20歳未満の起業教育も担当する者として、前紀要・寄稿文から引き続いてその困難上にある問題点を絞りながら、日常的にリスクテイクする習慣の形成が起業プランと将来を見る目となり対応力となり、起業家の起業意識を醸成し起業を支援するのではないかの仮説を立てて、リスクテイク習慣形成法を検討した。 具体的には、ビジネスゲーム・ビジネスシミュレーションをとりあげ、教育支援する側とされる側双方にとって限られた教育資源を効率的に使え、かつ、タンジブルで効果的な支援機会であるとして、その有用性を考察してみた。
Keywords :起業意識
ビジネスゲーム・ビジネスシミュレーション
ゲーミフィケーション
デシジョンツリー
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/40881
Appears in Collections:01 事業創造大学院大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/40881

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.