★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0503_05.pdf1173KbAdobe PDF
タイトル :高齢患者のセルフケアを支援する家族への退院支援 としての援助技術
別言語のタイトル :Support Skills for Discharge Planning for the Family who Assists Self-Care of Elderly Patient.
著者 :金子, 史代
倉井, 佳子
佐藤, 益美
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2013-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :5
号 :3
開始ページ :41
終了ページ :49
ISSN :1883-759X
抄録 :We investigated support skills that are necessary when planning the discharge of elderly patients hospitalized in convalescence rehabilitation wards whose families will assist them with self-care. We interviewed 10 nurses working in a convalescence rehabilitation ward and asked about their daily nursing activities concerning family members to assist with the self-care of elderly patients, and the collected data were qualitatively analyzed using a qualitative synthesis method (KJ method).  Specific skills that were elicited by this study include ""developing a cooperative relationship with families,"" ""sustaining the relationship between elderly patients and their families,"" ""explaining the condition of the elderly patients to their families and providing opportunities to experience care activities"" and ""cooperating with families to use the remaining functions of elderly patients in everyday life."" Nursing assistance to families who will assist with the self-care of elderly patients who had been hospitalized in convalescence rehabilitation wards, at their discharge, includes a proper understanding of the feelings and thoughts of both the patients and their family members, as well as the relationship between them, to provide assistance that will improve the family caregiver's ability to make use of the remaining functions of the elderly patients in everyday life, and to encourage the elderly patients about being discharged.
本研究の目的は、回復期リハビリテーション病棟に入院している高齢患者のセルフケアを支援 する家族への退院支援としての援助技術を明らかにすることである。回復期リハビリテーション 病棟の10名の看護師に、高齢患者のセルフケアを支援するための家族への日常の看護実践につい て面接調査を行い、収集したデータを質的統合法(KJ法)により質的に分析した。その結果、 【家族と連携し協働する 】【家族と高齢患者の関係を維持する】【家族に高齢患者の状況を伝え ケア体験の機会をつくる】【家族とともに高齢患者のもつ能力を生活にいかす】が明らかになっ た。これらから、回復期リハビリテーション病棟に入院している高齢者のセルフケアを支援する 家族への退院支援としての援助技術は、高齢患者と家族それぞれの思い、考え、家族の関係性を 理解し、高齢患者の能力を生活にいかせるよう家族の介護能力を高めるケアを提供し退院に導く 技術であることが示唆された。
キーワード :elderly patient
self-care
family
support skills
高齢患者
セルフケア
家族
援助技術
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/40503
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/40503

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。