★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0503_02.pdf1328KbAdobe PDF
タイトル :看護管理者のキャリア発達におけるメンタリングに関する研究 : 看護管理者の経験とメンター要因について
別言語のタイトル :Mentoring in the Career Development of Nurse Administrators: Experiences of Nurse Administrators and Factors Regarding the Mentor
著者 :中根, 薫
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2013-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :5
号 :3
開始ページ :11
終了ページ :20
ISSN :1883-759X
抄録 :In the present study, we elucidated the experiences of nurse administrators and the characteristics of their mentors (factors regarding the mentor) as factors related to the mentoring nurse administrators at hospitals receive from their mentors in their career development as administrators. The objective of this study was to investigate measures for promoting the career development of administrators. A self-report questionnaire survey was conducted on a total of 3911 nurse administrators (senior-level nurses and higher positions) at one of 117 hospitals nationwide. The results of analysis were as follows. 1. While senior nurses and head nurses developed their careers as nurse administrators within a given hospital, deputy directors of nursing and those in higher positions were more likely to have experience working as a nurse administrator at multiple hospitals. 2. Most nurse administrators had three to five mentors, who consisted predominantly of superiors at work, and met their primary mentor in their early 30s. 3. The education and guidance received by subjects upon becoming nurse administrators varied greatly among individuals, indicating a great need in the future for establishment of education and guidance systems for new nurse administrators.
本稿では、病院の看護管理者が管理者としてキャリア発達する中でメンターから受けたメンタ リングの関連要因として、看護管理者の経験とどのようなメンターがいるのか(メンター要因) について明らかにし、管理者としてのキャリア発達を促進する方策を検討することを目的とし た。全国の117病院の看護管理者(主任クラス以上の職位)3,911名を対象に自記式質問紙調査を行 い、分析の結果、以下のことが明らかとなった。  1.主任と看護師長では、1病院の中で看護管理者としてキャリア発達しているが、副看護部 長以上になると複数の病院で看護管理者として働いた経験をもつ人が増える。2.看護管理者の 多くは、3~5人程度のメンターをもち、メンターは職場の上司が圧倒的に多く、30代前半の時 期に最重要メンターと出会っている。3.看護管理者になった時の教育・指導については、個人 差が大きく、今後その体制を整備すべき大きな課題である。
NDC :nurse administrator
career development
mentor
mentoring
看護管理者
キャリア発達
メンター
メンタリング
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/40481
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/40481

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。