★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NEAR-2012-07.pdf428KbAdobe PDF
Title :日本語学習者の補助動詞「~ておく」の習得について : 中国人日本語学習者に対する指導方法をめぐって
Authors :辻, 周吾
Publisher :N.E.A.R. Language Education Conference
Issue Date :2012
Journal Title :NEAR conference proceedings working papers
Volume :NEAR-2012-07
Start Page :1
End Page :16
Abstract :日本語の補助動詞「~ておく」は多義性・多機能の特徴を持っている。こ のような特徴は、中国人日本語学習者にとって理解に苦しむところとなって いる。本研究では、まず、中日対訳コーパスから、そうした用法に対応する 中国語を整理した。その際に、高橋(1969)、吉川(1976)、谷口(1999) の用法を参考にした。そして、中国人日本語学習者に対し、中国語の視点か ら、どのように説明すれば分かりやすいのかを考察した。分析の結果、中国 語の、動作の完了を表す“了”、状態の持続を表す“在”や“着”、動作の 完成を表す“好”、話し手の願望を表す“想”や“要”、利益や恩恵を表す “给”などによる意味のずれが明らかとなった。このずれを説明していけば、 中国人日本語学習者の補助動詞「~ておく」の習得にもつながるだろう。
Keywords :補助動詞
~ておく
中国人日本語学習者
日中対照分析
日本語教育
Type Local :Conference Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/38565
Relation :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2012-07.pdf
Rights :北東アジア言語教育学会
Appears in Collections:北東アジア言語教育学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/38565

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.