★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NEAR-2012-04.pdf526KbAdobe PDF
Title :Can-do statementsを用いた中級日本語学習者の自己評価 : 回答のばらつきに注目して
Authors :倉品, さやか
Publisher :N.E.A.R. Language Education Conference
Issue Date :2012
Journal Title :NEAR conference proceedings working papers
Volume :NEAR-2012-04
Abstract :調査を行う教育機関に合うように改訂したCan-do statements質問調査紙を用いて、各コースの始めと終わりに調査を実施した。本稿は、そのうちの中級日本語学習者の回答を分析した結果について述べたものである。調査紙作成にあたっては、先行研究を参考に、回答する学生が経験していると思われる場面を想定し、より具体的になるように改訂した。分析は、主に2011年度の中級日本語コースの開始時に「できる」「できない」を技能別に自己評価してもらったデータについて行った。回答者は同じレベルの授業を取っている学生ではあるが、回答にばらつきが見られたことから、ばらつきのあった項目となかった項目について、年度間、コースの始めと終わりで比較した。前年度との比較では、ばらつきがあった項目はほとんど同じであった。コースの始めと終わりの比較では、コースの終わりでばらつきが減っていた。また、ばらつきのある項目の文言に共通点が見つかるなど、今後の利用に向けて、改善点が明らかになった。
Keywords :Can-do statements
中級日本語学習者
ばらつき
年度間の比較
年度の始めと終わりの比較
Type Local :Conference Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/38562
Relation :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2012-04.pdf
Rights :北東アジア言語教育学会
Appears in Collections:北東アジア言語教育学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/38562

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.