★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
長岡工業高等専門学校 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 長岡工業高等専門学校研究紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
35satoh.pdf888KbAdobe PDF
タイトル :学生団体による高専間交流の現状と意義 : 長岡高専インターアクトと沖縄高専WSBとの交流
別言語のタイトル :Current Status and Significance of National College of Technology Exchanges between Students Groups : Interactions between Nagaoka National College of Technology and Okinawa National College of Technology
著者 :佐藤, 公俊
吉川, 友子
野口, 一英
羽賀, 亮介
公開者・出版者 :長岡工業高等専門学校
刊行年月 :2012
掲載誌名 :長岡工業高等専門学校研究紀要
巻 :48
開始ページ :35
終了ページ :42
ISSN :0027-7568
抄録 :本稿は,長岡高専インターアクトクラブと沖縄高専WSBとのお互いの地域を行き来しての文化・世代・国際交流を紹介し,その意義と課題を検討した.長岡高専インターアクトクラブは,1965年に長岡ロータリークラブの認証による創設され,それ以来の福祉施設の双葉寮訪問などの社会貢献活動と,この20年来,スキー研修,バーベキュー,長岡大花火見物,餅つきなど本校や他校の留学生との文化・国際交流活動を行ってきた.メンバーは多数の留学生を含めて40人前後である.沖縄高専国際交流委員会WSBは,2010年4月に顧問が全沖縄高専生に呼びかけて集まったうちの2名を発起人として同好会設立を届け出た.6月からは週1回の定例会活動を始め,7月には沖縄高専初の留学生歓迎会などの行事を実施した.メンバーは留学生を含めて平成24年5月現在で31人である.2011年3月から長岡高専インターアクトクラブと沖縄高専WSBとは,3月の国際交流スキー研修と9月の沖縄交流平和研修で,お互いに行き来してのホームアンドアウェイの遠隔地間の交流をし,留学生とのロータリアンも交えての多文化・多世代交流を始めた.これらの行事の実施に当たり,国際ロータリー第2560地区ガバナー,第2580地区ガバナー,長岡ロータリークラブ,那覇ロータリークラブ,那覇西ロータリークラブから様々な形で大きな支援を受けたことに感謝したい.
キーワード :interactions
student groups
interact club
World Student Bridge
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/38446
出現コレクション:01 長岡工業高等専門学校研究紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/38446

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。