★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Meirin College >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 明倫短期大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2012_1_meirin1_13.pdf3032KbAdobe PDF
Title :ブラッシングにおける利き手による磨き残し部位の比較
Title alternative :Difference of Under-brushing Parts between Right-handed and Left-handed on Tooth Brushing
Authors :長谷部, はるか
金子, 潤
Publisher :明倫短期大学
Issue Date :Mar-2012
Journal Title :明倫短期大学紀要
Volume :15
Issue :1
Start Page :70
End Page :75
ISSN :2185-6273
Abstract :プラッシングにおける利き手の違いによる磨き残し部位の相違について比較した.被験者は明倫短期大学歯科衛生士学科学生18名(右利き9名,左利き9名)で、約1日間のブラッシング中止後,各白の方法で歯磨剤を使用せずに3分間ブラッシングを行った.歯垢染色液にて染めだしを行い, O’LearyらのPCRに準じた6点計測法でブラッシング後のスコアを計測した.磨き残し部位の評価方法は,プラッシング後PCRの測定結果を上下顎前歯・左右側臼歯の唇頬側と舌側の全12ブロックに分けてそれぞれ計測し,右利き・左利きごとに平均値を算出した.この結果をもとに同一部位における右利き・左利き間の比較と,同一利き手における12ブロック間の比較を行った.右利きのプロック別PCRの結果では,上下左右臼歯部舌側がすべて40%台であり,磨き残しやすい部位であることがわかった.上顎前歯部唇側や右上下臼歯部頬側は10%台となり,磨き残しが少なかった.左利きでも上下左右臼歯部舌側が30%台半ばから40%超で磨き残しが認められた.右上と左上下臼歯部頬側で10%台となり,磨き残しが少なかった.同一部位における右利き・左利き間の比較では、 12ブロックすべてにおいて有意差を認めなかった.一方,同一利き手における12プロック間の比較では,右利き・左利きともに臼歯部舌側が前歯部唇側や臼歯部頬側に比ベて磨き残しが多い傾向にあった.
Keywords :ブラッシング
利き手
磨き残し
Tooth Brushing
Dominant Hand
Under-brushing
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/38108
Appears in Collections:02 明倫短期大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/38108

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.