★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
明倫短期大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 明倫短期大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
2012_1_meirin1_10.pdf2842KbAdobe PDF
タイトル :口臭と月経周期および年齢との関係
別言語のタイトル :The Relationship of Halitosis with Menstrual Cycle and Age
著者 :板垣, 菜美子
本間, 和代
公開者・出版者 :明倫短期大学
刊行年月 :2012-3
掲載誌名 :明倫短期大学紀要
巻 :15
号 :1
開始ページ :51
終了ページ :58
ISSN :2185-6273
抄録 :口臭の発生原因には,口腔由来の局所的なものや全身的なもの,生理的なものがあるが,本研究においては,20歳代~60歳代の女子6名を被験者とし,口臭と月経周期および女性ホルモンとの関係性について調ベた.口臭測測定器は(Oral Chroma)を用い,口臭原因物質である硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド濃度を測定し,月経周期における口臭の有無を調ベた.それらのデータをもとに,(1) 月経期は低温期であるが,ホルモンバランスが乱れやすいため,口臭が発生しやすい,(2)卵胞期は低温期であり,エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がさかんであるため口臭がない,(3)黄体期は,プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌がさかんで,プロゲステロンはわずかに体温を上げる作用があるため,高温期であり,唾液分泌量の減少や口腔内の乾燥がみられ,口臭が発生すると言われている事について検証した.その結果,各個人によって口臭の有無に差が伺え,被験者E (42歳)においてのみ前述が認められた.被験者A (21歳), B (21歳), C (22歳), D (33歳)については前述(1)~(3)の結果は認められず,口臭と月経周期の関係について明確にすることができなかった.また,本研究は,被験者に長期間実験の協力を依頼しなければならなかったため, 月経周期が規則正しく,服薬していない者という一定の基準を設けることができなかった.それをふまえ,今後は一定の基準を満たした者を被験者として訓査することにより,これらの関係を明らかにしていきたい.
キーワード :口臭
月経周期
年齢
Halitosis
Menstrual Cycle
Age
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/38101
出現コレクション:02 明倫短期大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/38101

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。