★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Meirin College >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 明倫短期大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2012_1_meirin1_7.pdf1908KbAdobe PDF
Title :本学附属歯科診療所における石膏練和について : I. 容積計量法による計測
Title alternative :The Method of Mixing Plaster with Water at Meirin College Dental Clinic : I. Volume Measuring of Powder and Water
Authors :青木, 直美
河野, 正司
小林, 梢
大沼, 誉英
Publisher :明倫短期大学
Issue Date :Mar-2012
Journal Title :明倫短期大学紀要
Volume :15
Issue :1
Start Page :35
End Page :41
ISSN :2185-6273
Abstract :本学附属歯科診療所では,採得されたアルジネート印象は歯科衛生士が模型材である硬石膏を練和,注入し,模型を製作している.硬石膏および水は計量カップで量り,容積を用いて計量している.本学附属歯科診療所の歯科衛生士10名にアンケート調査を行ったところ,すべての歯科衛生士が混水比を意識せずに注入しやすい石膏を練和するように心がけていることが明らかになった.そこで附属歯科診療所にて練和された石膏の混水比を調査することにした.また,この石膏を用いて円柱型の試験片(22×21mm)を製作し圧縮強さ,試験片の石膏密度および試験片中の内部気泡の有無を調ベた.その結果,混水比は0.20~0.24の範囲に分布して,平均値は0.22,標準偏差0.010であり,メーカー記載の標準混水比である0.23と近似した値が得られていた.歯科衛生士10名のうち8名は標準偏差が0.008以内で非常に安定した数値が得を示し,本院の歯科衛生士は常に一定の流動性をもった石膏泥を練和していることが明らかとなった.混水比が0.23であった試験片の圧縮強さの平均は30.23MPaであり,メーカー記載の49MPaと比較して小さくなる結果となった.圧縮強さと混水比の間には強い相関関係が見られたが,試験片の石膏密度および内部気泡の発生状況と混水比の間に相関関係は見られなかった.
Keywords :硬石膏
混水比
圧縮強さ
内部気泡
Plaster
Water Powder Ratio
Compressive Strength
Internal Bubble
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/38088
Appears in Collections:02 明倫短期大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/38088

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.