★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Meirin College >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 明倫短期大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2012_1_meirin1_5.pdf3991KbAdobe PDF
Title :聴覚障害者の歯科受診時コミュニケーションにおける意識調査 : 歯科医療従事者の対応の現状と考察
Title alternative :A Consciousness Investigation on the Communication of Hearing-Impaired Patients for Dental Care : The Actual State of Affairs and Investigation of the Correspondence of Dental Staff
Authors :佐藤, 直美
山田, 隆文
Publisher :明倫短期大学
Issue Date :Mar-2012
Journal Title :明倫短期大学紀要
Volume :15
Issue :1
Start Page :21
End Page :31
ISSN :2185-6273
Abstract :聴覚障害者が歯科受診した際にコミュニケーションを十分に取れるのかについて,(1)聴覚障害者本人が歯科受診時実際に困っている事(2)歯科医療従事者が「聴覚障害者が求める医療像」をどのように理解しているのか,実際にはどのような対応を行っているのかの調査を目的として, 聴覚障害者18名,歯科医師,歯科衛生士28名に対してアンケート調査を行った.歯科医療従事者が考える「聴覚障害者が困っている事」は「コミュニケーションが取れない」22名(78.6%)が最も多かったが,聴覚障害者は3名(22.2%)と歯科医療従事者よりも少なかった.説明の理解度は,歯科医師は50% 4名,90% 3名,100% 2名となり,二峰性を示した.40~50%台の選択者は,マスクを外す,イラストを用意する等の様々な手段を使ってコミュニケーションを試みたが,80~100%の選択者は「特に気にせず対応」を選択し,聴覚障害者ヘの歩み寄りの姿勢に差がみられた.聴覚障害者の「医療従事者からの説明の理解度」は,難聴者・聾者ともに80%以上が最も多かったが,聾者では30~50%と理解度が低い者もみられた.聴覚障害者が真に求める歯科医療現場でのコミュニケーションのあり方は,歯科医療従事者が聴覚障害を理解し,コミュニケーションを取ろうとする歩み寄りの姿勢と,同じ目線に立とうとする誠意を持つ事が必要ではないかと考察された.
Keywords :聴覚障害者
コミュニケーション
歯科治療
Hearing-impaired Person
Communication
Dental Treatment
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/38073
Appears in Collections:02 明倫短期大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/38073

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.