★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_0501_01.pdf1173KbAdobe PDF
タイトル :看護学生の座学・演習・実習における自覚的・他覚的疲労に関する調査
別言語のタイトル :A Study of Nursing Students' Subjective and Objective Fatigue on Classroom Lecture, Nursing Seminar, and Clinical Practice
著者 :池田, かよ子
河内, 浩美
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2012-9
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :5
号 :1
開始ページ :1
終了ページ :9
ISSN :1883-759X
抄録 :本調査は、看護学生の座学・演習・実習の学習形態における疲労について生理学な視点で明らかにするため、2010年から2011年に本学看護学科2年生および3年生59人を対象に生活実態、疲労の自覚症状に関するアンケート調査、生理学的検査としてバイタルサイン、握力、フリッカー値を測定した。その結果、生活実態では、座学と実習との間に趣味、睡眠、学習、パソコンの各時間に差があった。筋機能を測定する握力は月曜から金曜にかけていずれの学習形態において徐々に低下し、特に実習中は低値であった。精神・神経機能を測定するフリッカー値の平均測定値は学習形態に有意差はおよび曜日による変動なかった。疲労の自覚症状の頻度と学習形態との 関連は、実習では「眠気とだるさ」をあらわす第Ⅰ要因の「足がだるい」であり、演習では「注意集中の困難」をあらわす第Ⅱ要因の「気が散る」、「根気がなくなる」であった。学生の教育効果を高めるための疲労症状の予防と対処方法を検討していく必要がある。
The purpose of this research is to clarify the level of fatigue in nursing students during classroom lecture, nursing seminar, and clinical practice from a physiological perspective. From 2010 through 2011 we conducted a survey of actual life situation and a questionnaire survey on a subjective symptom of fatigue on 59 second and third-year college nursing students. Also we measured vital signs, grasping power, and flicker fusion rate of these students as a physiological test. The survey of actual life situation showed that there was a difference on a period of time spent on hobbies, sleep, learning and computers between classroom lecture and nursing seminar. The analysis showed that grasping power which measures muscle function gradually declined on every form of learning from Monday through Friday. Its level was especially low during clinical practice. The average value of flicker fusion rate which measures mental and neurological function didn’t change depending other day of the week, but there was no statistically significant difference on the form of learning either. Attention concentration such as distraction and lack of patience and nursing seminar showed statistically significant difference on the association between a subjective symptom of fatigue and the form of learning. Also sleepiness and languor such as the languor of legs and clinical practice showed statistically significant difference on the association between a subjective symptom of fatigue and the form of learning. These findings show that it is necessary to find a better way to prevent and cope with fatigue symptoms for enhancing educational effects on nursing students.
キーワード :看護学生
疲労
学習形態
nursing student
fatigue
form of learning
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/37721
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/37721

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。