★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
長岡造形大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 長岡造形大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
08_80-104.pdf6882KbAdobe PDF
タイトル :岩手県指定有形文化財 : 一関市千厩町 : 村上家住宅の現況と復原考察
別言語のタイトル :The Current Condition and the Theorization of Restoration of the Murakami Residence, Ichinoseki, Iwate
著者 :宮澤, 智士
安井, 妙子
公開者・出版者 :長岡造形大学
刊行年月 :2011-4
掲載誌名 :長岡造形大学研究紀要
巻 :8
開始ページ :80
終了ページ :104
ISSN :1349-9033
抄録 :The Murakami residence is a farm house since the 18th century. The residence consists of six thatched-roof buildings, including main building, which is over 200 years old, stable, water closet, and room for miso (fermented soybean paste). The residence has been renovated as the life style changed. In this paper, the following aspects are discussed: an assessment of the current condition of the residence; an estimation of the constructed time; and theorization of the original building; and the strategies for further preservation. Currently the residence is preserved by the owner; however, it has been beyond the owner's ability to maintain the residence, the author addresses the necessity of public support to be listed as an important cultural property.
キーワード :茅葺き民家
主屋・付属屋
岩手県指定文化財
建物の復原考察
主屋は江戸後期建築
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/36829
出現コレクション:01 長岡造形大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/36829

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。